注目記事!アッシュカラー

カラートリートメントと美容院を併用して使うときの注意とは?

カラートリートメントで緑に染まった

カラートリートメントをずっと使い続けているのなら全く問題ないですが、そろそろ美容院でカラーをしたいけど、普段からカラートリートメントを使っていると、美容院でのカラーと併用するには、なにか注意することってあるのか?って思いますよね?

  目次

美容室で白髪染めをすると、染まらない?髪の色が緑色になる?

カラートリートメントを普段使っている人で、一番よく聞く心配事が、「うまく染まらない」や「髪の色が緑色になる」ということではないでしょうか?

美容師A

美容師の立場からですとホームカラーやカラートリートメントなどの色素は、美容室でカラーをするうえでは大変やっかいなんですよ!
簡単に言いますが髪を例えば明るくしたいとかの場合は人工の色素や天然の色素もですが明るくするのを邪魔をしますのでムラになります。ねらった色をだすのにブリーチなどをしなくてはなりません。
色素が濃い場合はさらにやっかいです。

カラートリートメントは髪の毛の表面に付着させて色づかせる染料ですが、シャンプーのたびに落ちていきます。しかし、何度も使っていると1週間経過してもまだ色が残っているケースが結構あるため、完全に染料が落ちるまでは美容院の白髪染めは控えたほうがいいでしょう。

特に発色のよい明るいカラーで染める場合は、その色味がうまくでにくくなるので、2週間以上あけてから美容院に行くようにするといいでしょう。

毛髪科学について研究している美容師です。
・天然成分はヘアカラーについては問題なく染まります。ただ、明るくしたい時、カラーチェンジをしたい時は一週間以上使用を控えて、美容室に行くといいと思います。
・ニトロベンゼン系が入っているカラートリートメント(HC青、HC赤など)は髪の毛が緑色になったり、汚い色になる可能性が高いです。

美容師B

カラートリートメントのHC染料などとヘアカラーの染料が混ざってしまうと化学反応を起こすことがあります。

私は一度も変色をしたことがありませんが、万が一髪がになってしまったら、とても辛いので、毎回美容院に行く前にはしっかりと間隔をあけてから行くようにしています。

カラートリートメントを美容院を併用して使う注意ポイント

美容室の白髪染めとカラートリートメントを併用使いしている人や、カラートリートメントだけを使っている人も含めて、カラートリートメントの使い方や選び方で注意したいことをポイントにしてみました。

カラートリートメントを美容院と併用する注意は?

  • 美容院で髪を染める前は、最低でも1週間以上はカラートリートメントの使用を控える
  • 可能であれば2週間以上あければなお良い。

カラートリートメントの染料と美容院のカラーの薬剤は、同じ毛染めの部類と思って、安易にどっちも間隔をあけずに染めてしまうと、予期しないことになってしまうことがあります。

美容院に行くまでに1週間以上空ける理由

1週間くらいの間隔が必要・・

どうやら、カラートリートメントを使う人のほとんどは、美容院に行くまでに間隔を1週間以上あけるようにしていますね。

あと、美容院で髪を染める時に色のバランスがあるので、1週間前からカラートリートメントの使用を控え、なるべく美容院で白髪を染めてもらうようにしています。

参考:美容院の白髪染めのつなぎで使う方法

理由は2つあります。

1.美容院で白髪染めをするときの注意は、色のバランスというよりは、違う種類の染料を使うことで化学反応を起こしてしまう可能性があるということです。

2.また、せっかくの美容室のカラーが染まりにくくなるので、もったいない結果になってしまう可能性もあるのが理由です。

カラートリートメントの染料はいろんな種類がありますが、当サイトで紹介する白髪用のカラートリートメントは、主にHC染料や塩基性成分を使っているので変色を起こすようなことはありません。

ただ、一部のカラートリートメントには、変色してしまう可能性があり、美容室のカラー剤と混ざってしまうと、化学反応を起こして不気味な色になってしまうということが稀にあるようです。

光で染めるカラートリートメントは変色しやすい

化学反応で変色する可能性のあるカラートリートメント
サンカラーマックス 光で染めるサンカラーマックス

公式サイト 標準価格 5400円
ハーフサイズ 3240円

amazon 5400円
㈱ケンコー

光で染まるカラートリートメントで、太陽光反応による変色で白髪が染まる仕組みで、朝起きてからクリームをクシを使って塗るタイプ。

すごく楽に染まるけど、このカラートリートメントの使用後、美容院のカラーを併用したら、緑色っぽく髪が変色してしまったという人がいるようです。

実際にここのHPのQ&Aに「緑色を帯びた場合の改善方法は商品に添付している「使用説明書」をご覧下さい。」とあったようですね。現在は確認しても公式HPからそのページがなくなっていました。

⇒緑色に帯びた対処法についてのブログ

しかし、この他のカラートリートメントでも、髪が緑っぽく変色しちゃっている人のブログもあります。

くろめで緑に変色

MEMO
原因は定まってない可能性があるので、どちらにしても美容院でカラーをする前は、1週間以上の間隔をあけていく、を徹底しましょう
カラートリートメントで緑に染まった利尻ヘアカラートリートメントで髪が緑色になるのか?原因と対策について!

緑に変色する理由や対策

光で染める銀イオン入りのカラートリートメントを使って、美容院で併用して緑に変色してしまう原因は、感光性染毛クリームの特徴でもあります。

サンカラーマックス 光で染める

髪の毛を染めるために硝酸銀(硫酸銀)を配合していて、それが髪の毛に残留しやすく、その次に美容室で使っている酸化染毛剤でヘアカラーをすると、髪の毛が緑色に変色してしまうという仕組みです。

万が一、髪色が緑っぽくなったときの対処は取説に書いているということで、どうやらイソジンを振りかけるとその変色の対策ができるということです。( ゚Д゚)

とりあえず、この銀イオン(硝酸銀)が入ってるカラートリートメントで染めている人は注意が必要だけど、そうでないほとんどのカラートリートメントの使用では、緑の変色にはほぼならないので、安心してOKです。

私も、以前、美容室で、「普段はカラートリートメントを使って自宅で白髪を染めています!」と美容師さんに伝えたところ、美容師さんがものすごくビビってしまい、「最後に染めてからどのくらいたちますか?」って心配そうに聞かれたことがあります。

そのあとにキレイに白髪の色が染まり、仕上がってみていたときに、担当の美容師さんが「本当に緑色にならなくて良かったですね!」と言ってきて、胸をなでおろしているような感じだったのを思い浮かべます。ww

美容師さんも、カラートリートメントはすべて変色する可能性大って思っていたみたいです。

でも、私も普段使いにカラートリートメントを使っていますが、この5年以上1回も変色したことがありません

ただ、美容室に行くなら、必ず美容師さんに伝えておきたいポイントはあります。

カラートリートメントの併用について美容師さんに伝える

カラートリートメントを普段から使っていると、何層にも髪のキューティクルをコーティングしてしまっている状態だそうです。これは私が通っていた美容師さんがそう言っていました。

だから、普通の髪の毛よりも薬剤が入りにくくなっているので、その分カラーが入らないということらしいのです。

なるべく最後に使ってから1週間~10日、できれば2週間くらい間隔をあけてから美容院のカラーにきてほしいということでした。

でも、実際は、私はちょうど1週間経過したあたりで美容室でカラーしてもちゃんと染まったので、おそらくあまり神経質にならなくても大丈夫でしょう。

ただ、嘘なく正確に伝えるのは必要です。以下のことが美容師さんは気になるということですよ。

  • カラートリートメントを使ってる
  • どのくらいの頻度で使っている
  • 最後に使ったのはいつか?
  • どんなカラートリートメントか?
以上のポイントで美容師さんに伝えておけば、あとはそれなりにうまく染めてくれます。

また、間違って直近でカラートリートメントで染めてしまった・・ヤバイというときの対処法も一応あります。

カラートリートメントの色を落とす方法!

カラートリートメントを落とすリムーバー

カラートリートメントを落とすリムーバー

もし、すぐに美容室に行かなくてはいけないけど、カラートリートメントを使ってしまって色がまだ髪に残っているという困った状況の場合、カラートリートメントを落とす方法があります。

カラーリムーバーを使って染まった色を落とす

カラーリムーバーが市販で売っているので、それを使えば簡単にカラートリートメントの色が落ちます。

使い方は簡単で、本体の箱の裏面に書いてあります!

リムーバー

カラーリムーバーの使い方は、1液と2液を混ぜて髪に塗るだけ、そして放置タイムが10-30分です。

下の写真はアンナドンナで染めた毛束です。

カラーリムーバーで染めた色落とす

30分リムーバーの液をつけて放置したあと、少し乾かすとこんなに色が落ちました。

カラーリムーバーで色おちた

元の髪の色はまったく落ちないので髪の毛や頭皮も傷まず、安心して使えるので困ったときはお助けアイテムです。

ほかにも、レブロンのカラーリムーバーを使った人の口コミを見てみましょう。

レブロンのカラーリムーバーを使った人の口コミ

白髪染めをとりたくて。

★白髪染めでダークブラウンにしましたが、どうも老けて見えるため、染め直したくてこちらを購入してみました。
★同時に、白髪染めのトリートメントも他店で購入しました。
★背中までのロング。ダメージ多め。

水濡らしの後
→適当に混ぜて
→適当に塗布。
乳液のようなゆる~いテクスチャ。液だれします。多めの長い髪ですが、液が半分もあまり、困りました。

そして
→ラップを巻いて20分放置
→シャンプー6回
→白髪染め用ヘアトリートメントを塗布。
→結果、ダークブラウンから、明るい茶髪になりました。

ヘアトリートメントの併用で、3日目の今は落ち着いたブラウンになりました。髪も傷まず満足です。

参考:カラーリムーバーの口コミ

使用量は髪の長さにもよりますが、髪を濡らすと少ない量で済むようになります。

2剤とも100ml入っていますが、最初は半分の50mlを合わせて使ってみた方が無駄がなくて良さそうですね。

もう一人、気になる口コミがあったのでご紹介します。

白髪染め退治

臭いが凄い…、9月に買って11月まで残り香がありました。

個人的にかなり気になり、いつ臭い消えるのかを待ってレビューです。

仕上がりは万ぞくです!何年も白髪染めを毎月してますが、ブリーチを二回しても流行りのアッシュが入らないので色々と調べまくって、こちらに到達。

シャンプーしてから説明書通りの工程で30分置いたら見事に金髪!!(笑)毛先からグラデーションカラー、二回ブリーチ済み。

ブリーチした部分がかなりの金髪になりました!

ブリーチしてない部分はかなり髪が明るくなりました。

元々傷んでる髪なので髪はきしみましたが、トリートメントでなんとか復活。

翌日、シルバーのカラーリング二回したら初めてキレーにシルバー入りました!凄く良いです。

臭い対策が出来れば最高だと思います。ありがとうございましたm(__)m

参考:akinndoizu 様口コミ

臭いがキツイという口コミは、ほかにも結構ありましたので、心の準備はしておきましょう。

リニューアルした後はかなり良くなったという人もいましたが、とりあえず使う時は換気の出来る浴室などで換気扇を回しながらやった方が良いでしょう。

その他、使ってすぐは明るくなりすぎたように感じたけど数日したら落ち着いた…という口コミも多くあったので、やり過ぎた!?と思っても数日はちょっと様子を見たほうが良いかもしれませんね。

カラートリートメントでアッシュカラーに!おすすめの染め方や白髪も染まるかを解説!

カラートリートメントと美容院の併用する染め方ポイント

カラートリートメントと美容院の併用する人にとって、これ、一番重要です。

だって、年に1回か2回しか染めないのですよ。

どんな感じに染めるか?

1回染めたら、その後半年以上も同じ髪色が続く可能性が高いし、それによって、その後普段使いでカラートリートメントで染めた仕上がりもかなり影響されるんです。

そんなわけで、普段使いにカラートリートメントを使っている人が美容院で白髪染め・カラーをするときに、事前にどんな感じに染めてもらうのか決めておきましょうね!

    サロンでの白髪染め・カラーの注文をするときのポイント

  • ブリーチ(脱色)するかしないか。
  • 黒っぽく染めるか茶髪っぽく染めるか?
  • メッシュ(ウィービングまたはグラデーション)に染めるか?

まず、ブリーチをするには、過酸化水素を使わないといけないため、とても髪や頭皮に負担がかかるので注意しましょう。

どうしても、黒髪の色を抜いて明るい色にしたいというのでなければ、むやみにブリーチをするのはやめたほうがいいでしょう。

ブリーチをして染めた直後は綺麗な髪色が出せているのですが、1週間-2週間もすると髪が赤茶けてきて、パサつき、黄色っぽくなるのでその後のケアが大変です。

なるべくブリーチなしで白髪染めするのがおススメです。

また、ブリーチなしでウィービングの染め方をすることもできるので、やってみたい人は美容師さんに相談してみるといいですよ。

結構時間にかかる作業なので、事前に伝えておいたほうがいいでしょう。

美容師さんからのアドバイスが貴重!美容室と併用するメリット

また、せっかくカラートリートメントを普段使いにしているのなら、年に1回しか美容室に行かないからこそ、ちゃんとした美容室に行って、髪の毛の様子をチェックしてもらったり、染めることに関してのアドバイスなどをもらったほうがいいでしょう。

美容師さんからのアドバイス

髪の毛の専門家である美容師さんは、同じような髪の悩みをもっている人と常に接しているので、久しぶりに美容室で白髪染めするときは、いろいろな髪の質問をしてみるようにしましょう。

    美容師さんからアドバイスをもらってタメになること

  • カットした後の髪型の維持のやりかた
  • 仕上げのワックスや洗い流さないトリートメントの使い方
  • シャンプーやドライヤーのコツ
  • 次回どんな染め方・髪型にするかの相談など

以上のようなポイントで、どんどん質問を美容師さんに投げかけるといいですよ。

ワックスの使い方なんて、質問したら、高いワックスを売りつけられるかも・・なんて心配しなくても大丈夫。

そこは、普段使いにカラートリートメントを使っているからこそ、美容院代の経費を浮かせているので、節約貯金ができているはず。

勧められた高級ワックスをぜひとも購入して、美容師さんの言うような使い方でチャレンジしてみてください。

きっと、サロンで仕上げた髪型とそっくりにキメることができますよ。

ついでに仕上げのドライヤーの方法も聞いてみましょう。いろんなコツを教えてもらえます^^

ポイント普段カラートリートメントを使って自宅で染めていると、美容院代の節約や美容院に通う往復時間やセットの時間を大幅カットができます。

その分でおこずかいを貯めて、カットやアレンジの上手な美容室にお金をかけることができます!

アンケート編:ヘアケアでのみんなの注意点

「カラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは何ですか?」について、2018年春にアンケートを行いました。

実際に質問した内容は以下です。

質問の項目

  1. 現在の年齢は?(5歳ごとで回答)
  2. 使っているカラートリートメントの商品名
  3. ヘアケアで注意していることはありますか?

以上のポイントで質問したところ、使っているカラートリートメントで一番多かったのが「ホーユー/ビゲンカラートリートメント」でした。
 

ビゲンカラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
ビゲンカラートリートメントは、ネットでも簡単に買うことができ、近所の薬局やスーパーなど市販でも簡単に手に入るカラートリートメントですね。

簡単に手に入るけど、使い方などなにか注意することはないのでしょうか?

いろいろ調べてみたところ、普段使うシャンプーによっては染まりにくくなるということや、頭皮についたままにしておくと刺激がありそうということを気にしている人が多いのがわかりました!
 

はるねさんの回答
  1. 46-50歳
  2. ビゲン カラートリートメント
  3. 使うシャンプーによってはすぐに白髪染めトリートメントの色が落ちてしまいます。そこで、色持ちをよくするためにヘアカラー用のシャンプーを使っています。

 

アリスさんの回答
  1. 41-45歳
  2. ビゲン カラートリートメント
  3. リタッチの時には、ヘアサロンで選んだカラーと馴染む色を選択しなくてはいけないので、よくディスプレイを見ます。カラー中には、肌にダメージがあまりいかないようにクリームを薄く付けたり、髪はトリートメントを頻繁にするように心掛けます。
 
Tさんの回答
  1. 36-40歳
  2. ビゲン カラートリートメント
  3. カラートリートメントを使用してしない日は普通のトリートメントを使用してケアしています。

 

Aさんの回答
  1. 41-45歳
  2. ビゲン カラートリートメント
  3. パサつく気がするので、保湿はよくするようにしています。シャンプーもしっとりするものにしています。

 

Oさんの回答
  1. 46-50歳
  2. ビゲン カラートリートメント
  3. トリートメントタイプで、髪の補修も行ってくれますので、特にヘアケアでは気を使うことはありませんでした。洗髪後のケアとしてはパサつきを防いだり、艶を出す目的で洗い流さないタイプのトリートメントも併用していました。

 

灯台さんの回答
  1. 41-45歳
  2. ビゲン カラートリートメント
  3. かぶれないように気にしているのと、頻繁にやりすぎないこと(髪が傷むので)

利尻ヘアカラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
利尻ヘアカラートリートメントは、ジアミンやタール系色素、パラベン、香料など頭皮に刺激を与えがちの成分がすべて無添加で安心して使えるカラートリートメントですよね?

このカラートリートメントを使っている人は、染まりやすさに注意している人が多く、整髪料などヘアセット用のヘア剤の使いすぎや成分に注意している人がいるのがわかりました。

Sさんの回答
  1. 41-45歳
  2. 利尻ヘアカラートリートメント
  3. 整髪料などが付いていると染まりが悪くなってしまうのでしっかりと落とし、乾いた髪の毛に使うようにしています。
 

Eさんの回答
  1. 41-45歳
  2. 利尻ヘアカラートリートメント
  3. 元々ヘアケア剤は使わないのですが、ワックスや整髪料は使わないようにしています。
Kさんの回答
  1. 41-45歳
  2. 利尻ヘアカラートリートメント
  3. ドライヤーや紫外線など、髪へのダメージを最小限に抑えるように努めています。
Dさんの回答
  1. 30-35歳
  2. 利尻ヘアカラートリートメント
  3. 毎日お風呂の中で、流すタイプのトリートメントをします。あと、髪を乾かす時にオイルタイプのトリートメントを使用しています。

DHC Q10クイックカラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
DHC Q10クイックカラートリートメントは放置時間がたったの5分。天然アロマ100%&ノンシリコン処方です。

このDHCのカラートリートメントを使っている人がヘアケアなどで気を付けていることは、特に共通点はありませんでした。

風呂上りにドライヤーをしてしっかりと髪を乾かしたり、スタイリング剤は髪にやさしい成分の製品を使う、といった、ヘアケアでは中レベルの気遣いをしている人が多いというのがわかります。
 

Jさんの回答
  1. 36-40歳
  2. DHC Q10クイックカラートリートメント
  3. カラートリートメントだけではごわつくので、他のトリートメントも併用するようにしています。
タマゴヤキさんの回答
  1. 46-50歳
  2. DHC Q10クイックカラートリートメント
  3. トリートメントを行った後は、濡れたままにはしないよう、ドライヤーで完全に乾かしてから就寝するようにしています。濡れたままでは菌も発生すると聞きますので、トリートメントが生かせるように手入れに気を付けています。
 
Oさんの回答
  1. 41-45歳
  2. DHC Q10クイックカラートリートメント
  3. スタイリング剤は髪にやさしい自然なオイル、クリームを使っています。

ルプルプカラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
ルプルプカラートリートメントは、頭皮が敏感な人や、ジアミンアレルギーでも安心して使えて簡単に染まりやすいカラートリートメントで、カラートリートメントの王道ともいえる製品です。

リピートして愛用している人も多く、ルプルプを使う人は白髪染め歴ベテランの人が多いのが特徴です。

Zさんの回答
  1. 51-55歳
  2. ルプルプ カラートリートメント
  3. 痛みやすいので、しっかり乾かしてから寝ることです。

レフィーネヘッドスパで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
レフィーネヘッドスパは、5色もカラー展開があって世界中で人気のカラートリートメントです。色も楽しめて育毛やヘアケア、トリートメント効果もあるため、実際に使ってみた人は、浮気をしないでずっと使う人が多いのが特徴の製品です。

Zさんの回答
  1. 36-40歳
  2. レフィーネヘッドスパ
  3. カラートリートメントを使うと、そのままトリートメント効果もしっかりあるので特にヘアケアで注意するべき点は無いと思います。
 

カラーニュ カラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
カラーニュ カラートリートメントは、髪のうねりも整えるカラートリートメントで近所のドラッグストアや薬局でも手軽に購入できます。

  • アマゾン 1400円
  • 楽天 1296円
  • 市販 1000円前後
めぐみっちさんの回答
  1. 41-45歳
  2. カラーニュ カラートリートメント
  3. まんべんなく白髪染めが出来るように、一カ所に固まらないように塗るように心がけています。

テンスター カラートリートメントで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
テンスター カラートリートメントは、ヘナエキスを香りに使ったカラートリートメントです。

ネットでも安く手に入り、ダークブラウンで楽天でも1500円くらい、amazonなら1200円台です(色によって値段が違います。)

人気も高いのですが、ヘナ以外の成分がたくさん入っていて、実際の染料になっているものはHC染料と塩基性染料がメインで、ほかのカラートリートメントをあまり変わりません。

Mさんの回答
  1. 41-45歳
  2. テンスター カラートリートメント
  3. アミノ酸シャンプーで頭皮を清潔に保つようにしています。

プリオール カラーケアコンディショナーで染めた時に注意しているヘアケアは?

 
プリオール カラーケアコンディショナーは、毎日使うことで徐々に白髪が染まるコンディショナー(リンス)タイプです。

毎日使ってじょじょに染めるタイプのカラートリートメントだけど、髪が傷みやすいというのが気になりますね。

染料などの成分もチェックしておきましょう。

資生堂から発売されている白髪用カラートリートメントで、値段も手ごろで1382円です。⇒HP

Uさんの回答
  1. 30-35歳
  2. プリオール カラーケアコンディショナー
  3. 傷みが気になるので、できるだけ使用頻度を減らすようにしています。普段はダメージケア用のトリートメントを使い、ダメージの修復を行っています。

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。