白髪染めにウィービングを活用する3つのテクニック!

ジメチコン入りトリートメントに注意?!シリコン入りシャンプーの安全性の見分け方

ジメチコン入りトリートメント

カラートリートメントを定期的に使うようになってから、ずっとノンシリコンシャンプーを使うようにしています。

だけど、よくみるといつも使っているトリートメントの裏面に「ジメチコン」という文字を発見!

気になって調べてみたら、まだまだシャンプーにもシリコン入りは存在するし、よくある洗い流さないトリートメントとかヘアクリームなんかにもシリコンが大量に入っている・・。

これって大丈夫なのでしょうか?

この記事では、
チェック緑ジメチコンの安全性
チェック緑ジメチコンが入ったトリートメントのメリットやデメリット
チェック緑ジメチコンが入らないとどんなデメリットがあるのか?
チェック緑おすすめのトリートメントの選び方
などについて解説しています!

ジメチコンとはなに?安全性は大丈夫?

ジメチコン 大丈夫か

トリートメントやシャンプーに含まれているジメチコンはシリコンの一種ですが、「え?シリコン入りなの?大丈夫なの?」と心配に思う人は多いのではないでしょうか。

少し前より、「ノンシリコン」のシャンプーやヘアケア用品が新しく登場して、あたかもノンシリコンだと良いもので、シリコンが入っていると髪に悪い印象になっていましたね。

その結果、ジメチコンを代表とするシリコン入りの製品は、いつの間にか悪者の扱いにされてしまっています。

しかし、実際には、シリコンは膜で包む働きをしてくれる成分で、髪のコーティング剤のようなもので、決して害になるような成分ではありません。

ジメジコン(シリコン)は全く刺激もなく、安全性の高い成分なので、いまでも、多くのヘアトリートメントやファンデーションや乳液など化粧品にも肌をなめらかにする目的で入ってます。

ジメチコンは、臭いはほとんどなく、無色透明な液または粘性のある液で、はっ水性に優れているため、水や汗による化粧くずれを防ぐ効果がある.また、油分のべたつき感をおさえて、軽い使用感を与える。

参考:日本化粧品技術者会 

ジメチコンは、調理器具などにも使われている安全な素材です。

参考元:資生堂

ノンシリコンってホントに良いの?

ノンシリコンの製品だったら、安全な製品と思っていませんか?

しかし、ジメチコンなどシリコンは入っていない代わりに、粗悪なコーティング剤が入っている場合もあるんですよ。

髪のパサつきを補修するためにはジメチコンなどのシリコン剤はなくてはならない成分なので、それを入れないためには別の補修する成分がに必要になります。

外から補修してあげるか、または髪のキューティクルの水分を補うかしか髪のダメージは消せません。

トリートメント製品の値段によって入れられる成分が限られてしまいますが、ジメチコンが入れられないと、その代わりに値段を抑えるなら、格下のコーティング剤を使うことになってしまいます。

また、もともとノンシリコンのヘアケア商品でも満足できる人もいます。

基本的には、髪がもともと健康で、うるおいのある髪であることが条件で、そんな人の髪なら、油分を多少補うだけで、十分潤って見え、艶も復活します。

また、シャンプー前にオイルマッサージをしたり、流さないトリートメントを使うだけでも同じように艶髪が復活します。

ジメチコン入りトリートメント

最近は、ノンシリコンシャンプーがほとんどですが、トリートメントは、ほとんどが、ジメチコン入りになっています。

ダメージを補修して艶のある髪にするにはコーティングをするのが一番です。

伸びた髪そもそも死んでいる細胞の集まりなので、いくらサプリを飲んでも健康的な生活をしても、カラダのもとから補修はできません。

つまり、髪そのものの外側から補うしかありません。

トリートメント剤なので表面から潤いを与えコーティングをすることでツヤツヤと潤いのある髪に仕上げることができます。

メリットとデメリット

ジメチコン入りのトリートメントが髪に与えてくれるメリットをまとめると次の通りです。

  • 傷んだ髪の補修
  • パサついた髪をしっとりなめらかにする
  • 摩擦を防いで髪が傷みにくくなる
  • ドライヤーの熱や紫外線から髪を守る

ジメチコン入りトリートメントのデメリットはほとんどありませんが、シリコンが特に多く入った商品には扱いに注意をしておいたほうがいいでしょう。

  • ぬめりがとれるまでよくすすぎを行う
  • シリコン剤が髪に付着するのでパーマがかかりにくくなる
  • 毛染めのとき薬剤が浸透しにくいため染まりにくくなる

以上のようなデメリットがあるので、普段使いでシリコン多めのトリートメントを使っている人は、パーマや毛染めをする前は一時的に使用を控えたほうがいいかもしれません。

親しい美容師さんに事前に製品名を伝えて質問すると詳しく判断してくれますよ。

配合量をチェック方法

トリートメントの容器の裏にある成分の表記を見てください。

成分はたくさん含まれているものから順番に書かれています。

ジメチコンは何番目に表記されているか確認するとわかります。

水の次の2番目か3番目だと量が多めになります。

水の次から4番目や5番目以降なら問題ありません。他の成分との割合からみてもちょうどよい配合量になるので、通常と変わらない使い方でもよいと判断して活用してください。

ジメチコン入りシャンプー

シャンプーは主に頭皮の汚れを落とすためのものです。

頭皮の汚れだけを落とすことを考えるとシリコンは不要です。

そんなわけで、シャンプーはノンシリコンが多くなっていますが、どうしてもノンシリコンシャンプーは洗い上がりがキシキシしがちです。

洗っている途中で指に絡みついたりするので、それを保護するために天然オイルを入れたり、なかにはジメチコンが入っているものもあり、値段によって様々あります。

シャンプー時の髪の摩擦を防いで洗い上がりを考えるとジメチコンが多少入っていても大丈夫ですが、もし入るとしても少なめのものを選ぶようにしましょう。

もし、ジメチコン入りシャンプーを使う場合は、頭皮に付着しやすいので、すすぎをしっかり行いましょう。

洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメントには、ジメチコンは多く含まれていますが全く問題ありません。

長い時間でも髪の毛に付着してダメージ補修+バリア効果もしてくれ艶も出してくれます。

毛先に利用するものなので、頭皮にはつかないため、しっかりとシャンプーやすすぎで洗い流せば十分です。

ジメチコンの落とし方・洗い流すコツ

普通の量のジメチコンであれば、シャンプーをしてすすぎを行えばジメチコンは簡単に洗い落とされます。

分子が大きいので髪の毛に浸透するような成分ではなく表面を守ってくれるだけなので、よほどすすぎなどが甘くなければ大丈夫です。

ただ、洗い上がりがあまりにヌルヌルする時だけ注意してください。

ぬるぬるがなくなるまで、しっかり洗い流しましょう。

ジメチコン入りはカラーやパーマがかかりにくい?

多少はありますが、シャンプーするたびに成分は落ちます。

成分表示を確認して、ジメチコンなどシリコンが大量に入っているトリートメントは、ぬめりがなくなるまでしっかりすすぎをする。

ほとんどは、髪の毛にシリコンが残るという事はないので、すすぎ次第です。

心配な人は、美容院に行く前の数日はジメチコン入りのトリートメンを使わないこと。そうすれば更に安心です。

ジメチコン(シリコン)なしトリートメントってあるの?

シリコンなしのトリートメントなら植物の油を使ったものがあります。

ローズヒップオイルやアボカドオイル、ホホバ種子油などは肌に優しいので、安心して使えます。

髪に油分を与え保湿してくれるので、ジメチコンが入っていなくても十分に潤いを与えコーティングもしてくれます。

ただし、髪を完全に補修する効果は少ないので見た目のダメージは多少残ってしまいます。

髪と頭皮に本当に危険な成分!

ジメチコンを代表としたシリコン剤は、髪にも頭皮にも害はありません。

しかし、洗浄成分である界面活性剤の一種、ラウリル硫酸Naは危険です。

洗浄力が強すぎるので、使うほどに頭皮にダメージを与えます。

汚れはしっかり落ちるけれど頭皮や髪の油分を取り過ぎるので、頭皮も髪もパサパサになり、髪のダメージが進みやすくなります。

特に肌の弱い人は湿疹やかゆみの原因になるので要注意。

最近は改良され刺激が弱まったラウレス硫酸Naを使った商品が多くなっていますが、髪の毛のキューティクルが剥がれることもあるため、まだまだ強い成分なので、なるべく使わないようにしましょう。

コポリマー

また、成分表をチェックしてたまにでてくるシリコン剤でコポリマーという成分があります。

2つ以上の化合物が合わさって一つになったものをコポリマーといいます。

「○○コポリマー」と表記されている場合が多いですが、分子が大きいので、これも髪や頭皮に浸透しない無害な成分です。

髪の毛や肌の表面にとどまっているだけなのですすぎで洗い流せます。

効果は、成分を混ぜ合わせる役目や髪にツヤを出すといった狙いもあります。

ジェルや化粧水、乳液や美容液など化粧品にも多く使われている成分で、ジメチコンと一緒に使われていることもあります。

アモジメチコン

これは、シリコンの一種で、ジメチコンよりも毛髪へ吸着しやすい成分です。

コンディショニング効果が長く続き髪のまとまりをよくしてくれます。毛髪を軟らかく、しっとりとなめらかにする効果がありますが、刺激や害はありません。

正しいシャンプーの使い方

地肌と髪の汚れを取ることがシャンプーの一番の目的です。

もう一つの役目はトリートメントなどのヘアケア剤をしっかり落とすことで、地肌の健康を保つには毛穴をふさぐような成分は一切落とすことが大事で、皮膚呼吸をスムーズに行える環境をつくりましょう。

シャンプーで頭皮を洗う

頭皮をしっかり洗い、マッサージも加えると頭皮の血行がよくなるので、抜け毛や薄毛の予防になります。

頭皮の皮脂など汚れが毛穴をふさぐことが髪のうねりの原因にもなります。

頭皮をしっかり洗うことでまっすぐな毛が生えてくるので、サラサラヘアーを目指している人にも頭皮の健康は大事なんですね。

頭皮によい成分のシャンプーを選び、正しいシャンプー方法で健康な頭皮をつくりましょう。

シャンプーの正しいやり方

  1. 乾いた髪をブラッシングしてゴミやほこりを落とす
  2. シャンプーの前にお湯で髪と頭皮を洗う
  3. シャンプーを手に取って泡立てる
  4. 泡を何ヵ所かに分けて頭全体につける
  5. 指の腹で優しくマッサージするように洗う
  6. よくすすぐ

シャンプーが頭皮に残っているとフケやかゆみの原因にもなるので、しっかりすすぎましょう。

シャンプーの選び方

市販で売っている値段の安いシャンプーは、洗浄力が強く髪や地肌に良くない成分がいっぱいです。

髪の毛は洗っている途中もこすれてダメージを受け、キューティクルがはがれてしまう事もあるのでシャンプー選びは大切です。

ノンシリコンシャンプーにこだわるよりも大事なことは、頭皮や髪への刺激となる成分が含まれていないシャンプーを選ぶことです。

正しいトリートメントの使い方

髪を美しく保つためにはトリートメントは意外と重要です。

だいたい髪に艶がある人はシャンプー後に保湿効果のあるトリートメントで髪を補修するのを習慣にしています。

毛先に使う

トリートメントは頭頂部よりは下の部分から毛先につけるのが基本で、毛先のダメージ補修や髪に艶や潤いを与えるために使います。

正しい使い方は、シャンプー後に乾いたタオルでしっかりと水分をとってから髪の毛の中心から毛先までくらいの長さの部分だけトリートメントをつけてもみこみ、最後にぎゅっと握りこぶしで絞るようにして、5分くらい時間をおいてから流します。

トリートメントを流すときには、次のようにしましょう。

  • 38度くらいのぬるま湯を使う
  • たらいにお湯をためてすすぐ
  • ぬめりが髪から完全になくなるまで何度もすすぐ

トリートメントによっては、髪のすき間からキューティクルに入り込んで水分を補ってくれる上質なトリートメントもありますので、髪への浸透のために5分くらいはおいてからすすぐと良いですね。

おすすめのトリートメント

トリートメント選びとして、髪の毛に保湿を与え、ダメージを補修してくれる製品ならベストですが、なかなか高価なものが多く、薬局など手軽に市販ではあまり売られていません。

ネットで販売されているものだと、定期購入が多いですが、上質な成分で買いやすい手頃なトリートメントを紹介します!

Tesserage(テセラージュ)

プレシャストリートメント

サロン品質のアーリーエイジングケア専用のヘアケアブランドから販売されているトリートメントです。

プレシャストリートメントは、本格アーリーエイジングケアができるトリートメント!ノーベル化学賞受賞した成分である高級原料フラーレンを配合で、こんな特徴があります。

  • ビタミンCの250倍の効果
  • たくさんの美容効果を大学との共同研究で確認

ビタミンCは頭皮の活性化や肌のターンオーバーの正常化にもよく利用されるけど、その250倍もの効果があります。

このトリートメントを使うと、髪の内側に早く浸透しダメージの補修も早く実感できるはずです。

100g2728円(税別) 公式HPへ

成分
水 グリセリン セテアリルアルコール PG ベヘントリモニウムクロリド セタノール ケラチンアミノ酸 加水分解ケラチン(羊毛) (加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー γ-ドコサラクトン シア脂 アルガニアスピノサ核油 カニナバラ果実油 ヒポファエラムノイデス果実油 フラーレン ウメ果実エキス セラミドNG セラミドNP コレステロール PCA-Na ジメチコン イソプロパノール カルボキシメチルシステインリシン アモジメチコン ラウリン酸ポリグリセリル-10 ラウリン酸ポリグリセリル-4 BG ミネラルオイル ミリストイルメチル-β-アラニン(フィトステリル/デシルテトラデシル) エチルヘキサン酸セチル イソステアリン酸 シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2 アルギニン ペンタヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル-10 ポリクオタニウム-92 クエン酸 フェノキシエタノール 香料

ケラスターゼ DS マスク デンシフィック

ケラスターゼ トリートメント

髪にボリューム感・密度感をでてくるのを狙ったトリートメントなので、40代からの髪痩せが気になる人にぴったり。

先進テクノロジー「グリカン コンプレックス」と独自の先進分子でうるおいとしなやかさを髪に与えてくれ、エイジングヘアケアの悩みにも効果があり。

トリートメント剤を髪に塗って5分置きの後に、頭皮に向かって両手のひら全体を頭皮に密着させ、地肌になじませるように回しながら軽くマッサージして頭皮マッサージもできます。

血行もあがり、髪と頭皮の健康アップも一緒にできます。

200g6380円(税込) >>正規販売店

成分
システム デンシファイング

ステモキシジン【ルチジン酸ジエチル】*1(健やか成分):ロレアル独自の先進分子。頭皮を健やかに保ち、眠っている髪の美しさを最大限に引き出す。
ヒアルロン酸Na*2(保湿成分):頭皮と毛髪のうるおいを保つことで、しなやかさ・弾力感を与える。
サンフラワーグルコシド*2(コンディショニング成分):頭皮を保湿しながら、毛髪に浸透し補修。
セラミド*2(毛髪補修成分):天然セラミドと類似の構造。毛髪細胞間物質を補うようにキューティクルの密着性を保ち、毛髪を補修。
イントラシラン*3
ロレアル独自成分。毛髪内部でネットワークを形成し、髪を内部から補修・補強。ハリ感・ボリューム感を与える。
アミノプロピルトリエトキシシラン(毛髪補修・補強成分)
*1 マスク デンシフィックに配合 *2 バン デンシフィック、マスク デンシフィック、ムース デンシフィック、フォンダン デンシフィックに配合 *3 フォンダン デンシフィックに配合

カラートリートメント!カラトリ美楽(TOP)へ