白髪染めにウィービングを活用する3つのテクニック!

利尻カラーシャンプーが染まらない?!口コミの真相を検証してわかったこと

白髪染めシャンプー染まらない

白髪用のトリートメントを使っている人が1本あると便利な利尻カラーシャンプーですが、ネットで検索すると「白髪染めシャンプーが染まらない」みたいな情報がちらちら見つかってしまうんですよね。

はじめから悪い情報ばかりだとちょっと買うのをためらってしまいますよね?

でも、白髪染めシャンプーの使い方をちゃんと理解していれば、とっても使い勝手があるのです。

だけど初めからその使い方を知らずに勘違いして買ってしまう人もいると思うので、この記事ではどんな人が白髪染めシャンプーを使うべきどんな活用術があるのか?について紹介します。

利尻カラーシャンプー 公式HP
初回のみ・1000円引きキャンペーン中!

「利尻カラーシャンプーが染まらない」その真相は?

白髪染めシャンプーと俗に言われる類のシャンプーですが、現在市販で買える白髪染めシャンプーはたくさんあります。

利尻昆布白髪染めシャンプー

ネットで簡単に買えるもので代表的な白髪染めシャンプーを紹介します。

  • 利尻昆布白髪用カラーシャンプー
  • ロイド カラーシャンプー
  • ナプラ N. エヌドット カラーシャンプー
  • AmSkヘアカラーシャンプー
まだまだたくさんありますが、とりあえず4つで十分かなと思います。この4つの白髪染めシャンプーのうちでは上の2つは現在も活用しています。

利尻昆布カラーシャンプーと、ロイドのカラーシャンプーで、どちらもわりと使いやすいのでいいですよ。

ほかの製品にも「白髪染めシャンプー」って言葉が付いていないから、違う種類のシャンプーでは?って間違えそうだけどどちらも白髪染めシャンプーの類です。

カラーシャンプーは、シャンプーで髪を洗いながら髪に色をつける製品なので、原理はすべて同じです。カラー展開が黒やブラウンではなくピンクや紫が入るかそうでないかの違いです。

しっかり染まるのはウソ

まず、白髪染めシャンプーが白髪染めトリートメントと全く同じようにしっかり染まると思ったら大間違いです。

白髪染めトリートメントの基本的な使い方は、シャンプー前の乾いた髪に塗って20分以上時間をおいてから入浴してシャンプーするという流れなので、染め置き時間中にキューティクルに染料がじんわりと絡みついていきます。

白髪染めシャンプーは染まらない理由

だから、「しっかり染まる」仕組みですが、白髪染めシャンプーの使い方では、この染め置きタイムがありません。

せいぜい、シャンプー中に髪を洗って、すすぎをする前に先に体を洗ったり、洗顔したりで時間かせぎをしてものの5分くらいで流してしまうという感じですね。

なので、しっかりとキューティクルに絡みつかないうちに流すのでせいぜいうっすら染まる、という程度です。

洗いながらゆっくりと染める

つまり白髪染めシャンプーは、染め置きタイムもとれないくらい忙しい人が、毎日のシャンプーでじわじわと色を入れていく程度の染まり方しかできません。

それでも、ゆっくりと染めることができるので、それでも良いという使い方で開発された白髪染めシャンプーなんですね。

実は夫も愛用していた

実は、知らないうちに我が夫が利尻昆布白髪用カラーシャンプーを勝手に購入して使っていることがありました。

なぜ?と聞いたら、新発売するというのを新聞の広告ページにでかでかと告知してあったので、すぐに申し込んだそうです。(数年前の話)

夫の白髪も年々増え始めていて、それを気にしたらしいけど少しずつぼかせるのがいいと気に入って使っていました。確かに、しっかりは染まらないけどなんとなく白髪が減っていました。

白髪染めシャンプーを使った夫

上の写真が当時、夫が7日白髪染めシャンプーを連続で使ったあとの写真です。これで夫は満足していました。たしかにいつもよりは白髪が半分くらい薄くなっていました。

こんな使い方にはピッタリなんです。

利尻カラーシャンプーで染まらない人と染まる人の違いは?

利尻カラーシャンプーが染まらない、といっている人の口コミの原因を調べると、だいたい共通していることがわかりました。

健康な髪のキューティクルはもともとぴっちりと閉じているため、髪の内部に染料は入っていかないので、髪の表面に色がついても、すぐに落ちてしまいます。

しかし、ブリーチをしている人の髪や傷んでいる髪の毛は開いているので、色が簡単に入っていくのです。

その人の髪によって、染まりやすい人とそうでない人の差はこの点で大きな差が出やすいということなのです。

ダメージヘアは染まりやすい

でも、ダメージヘアだと、わざわざブリーチをしていなくても、もうキューティクルがはげちゃっているので、染料が内部まで浸透できます。

白髪染めシャンプーでも染まりやすい髪

だから、パサついた髪や枝毛がある髪はカラートリートメントで色が入りやすいし、白髪染めシャンプーも同じに染まりやすいのです。

これはその人の髪によっても違うし、生えている部分の髪質によっても違います。

根元の健康な髪は染まりにくい

根元の生えたばかりの髪ってだいたい健康な髪です。

なので、根元の髪だけ染まりにくい、っていう現象になります。

根元や生え際の髪をしっかり染めたいなら染め置きタイムは長めにとったほうがいいですね。

洗いながら染めるのには限界がある

白髪染めシャンプーはもともとシャンプーしながら染めていくので、ダメージヘアでなく健康髪の人だとかなり、染まりにくいと思います。

もしかしたら、白髪をぼかすことすらできないかもしれません。実際に試しに使って判断したらいいですが、利尻昆布白髪染めシャンプーでも初回限定特別割引があってもちょっとお高い値段です。

騙されないで活用する方法

白髪染めをシャンプーでできるなら簡単だなあ、と思っていたけどあんまり染まらないなら要らないやってなりませんか?

そうなりますよね。

では、白髪をしっかり隠したい女性でも白髪染めシャンプーはどんな活用法がいいのか、それも紹介します。

白髪染めトリートメントと併用する

普段の白髪染めは、白髪染めトリートメントを使って白髪染めしています。そこにプラスで白髪染めシャンプーも合わせて使うというのがおすすめ。

白髪染めシャンプーのおすすめの使い方

だいたい、毎週7日おきに染めるというやり方ですが、週末に用事があって、夜遅く帰宅したので染め置きタイムがとれない・・でも明日も白髪が目立つのは困るし・・・というときに急いで白髪をぼかしたいときに利用できます。

急いで白髪をぼかしたい

普段から白髪染めトリートメントを使っている人なら、目立つ白髪は少ないでしょう。

しかも、白髪染めトリートメントを使って5-6日後くらいから染めた部分がうす茶色になっていてまだベージュのような色が残っています。

そこに白髪染めシャンプーで色を補うと1日2日くらいしっかり染める日をずらすことができるんです。

白髪染めシャンプーの白髪をぼかすくらいの機能が意外にも良い効果になるんですよ。

白髪染めシャンプーで染めた

これは1回だけ、臨時で急いでる時に白髪染めシャンプーで染めた翌日です。生え際の白髪がもっとキラキラしていたけどほんのりダークブラウンに染まったのでなんとかしのげました。

白髪染めシャンプーの使い方

白髪染めシャンプーの使い方はいたって簡単で、シャンプーとして洗うときに使うだけです。

手に出したときは真っ黒なのに、泡立てて洗うと白い色に変化します。

また、洗浄の効果もあるから、というので、わが夫はこの利尻昆布の白髪染めシャンプーで顔も一緒に洗っていました。

おすすめではありませんが、そのくらい泡がしっかりしていたので、洗えてしまいます。

おすすめ白髪染めシャンプーランキング

「白髪染めシャンプー」というキーワードで検索すると白髪用ヘアカラートリートメントも一緒に検索結果に出てくるのでちょっとわかりにくいですね。

ここでは、その見分け方のコツも合わせて紹介します。

1位:利尻昆布白髪用カラーシャンプー

利尻昆布白髪染めシャンプー

初回限定特別価格2500円
200mL 公式HPで購入

利尻ヘアカラートリートメントという白髪染めトリートメントがあり、同じ会社sastyから発売されている白髪染めシャンプーです。

カラー展開も白髪染めトリートメントと同じ4色あるので、普段使いの合う色を選んでもいいですが、どっちにしろ薄く染まるので、モカブラウンの人はダークブラウンを選んでおくほうが無難と思いますよ。

元祖白髪染めシャンプーなので、もう何年も前からあって信頼がおけるので、おすすめです。使いやすいので、私はお風呂場に置きっぱなしにしています。

2位:ロイド カラーシャンプー

ロイドカラーシャンプー

1500円~
300ml amazonで購入

ロイドのカラーシャンプーは白髪用とは決まっていないので、色展開が6種類とたくさんあります。

アミノ酸配合のシャンプーなので、こちらも使いやすいですよ。私持っていてはシルバーですが、シルバーというよりは深いグレイのような色味なので黒に近い色味で利尻昆布の白髪染めシャンプーと変わらない色味になります。

3位:ナプラ N. エヌドット カラーシャンプー

ナプラ白髪染めシャンプー

N.シリーズは美容室でも売っているカラーシャンプーだからか、人気が高いですね。カラー展開が多く赤やピンク、紫・・・と豊富で美容室でカラーしたあとの補色に使うのにすすめられるのが多そうですね。

名前も印象に残りやすくてカッコいいのでつい選びがちですが、値段も結構高いですね。

同じカラーシャンプーの仲間として、CALATAS(カラタス) シャンプーは純粋にネットで買うしかないタイプで、安くて買えますね。

これは色が濃くつくので、おしゃれで色使いに使うならカラタスがいいかも。

amazonで3000円くらい
300ml amazonで購入

4位:AmSkヘアカラーシャンプー

amsk白髪染めシャンプー
カラーはブラックかダークブラウンのみ2色で、どちらかというとメンズ向けに販売している白髪染めシャンプーです。

量が少ない割に値段が安くないので、割高ですね。

2764円(送料込み)
200ml 楽天で購入

まとめ

白髪染めシャンプーは、白髪をしっかり隠さなくてもよくてぼかす程度にしたいという人におすすめです。

または、普段は白髪染めトリートメントで染めている、または美容院で毎月しっかり白髪ぞめしている、だけど明日のためにどうしても白髪を即効ぼかしたい、っていうときにお風呂でシャンプーで荒いながら染めるというので楽ちんにぼかせるのに活用が可能です。

ちなみに、ファンデーションタイプやマスカラみたいに朝見つけた白髪をぼかすやり方だと、帽子に色がついたり、髪の毛を手でなでたら、指に染めている色がついたり、っていうのが不快な人におすすめ。

私もそこが気に入らないので、白髪ぼかしできるマスカラタイプのスティックは使っていません。白髪をぼかすのではなく、しっかりと自宅で染めたいなら1回でもしっかりと染まりやすい白髪染めトリートメントを使いましょう。