白髪になったらブリーチはできない?

草笛光子さんの白髪を染めないグレーヘアー(グレイヘアー)から黒髪に変化した原因とは?

草笛

ここ最近白髪染めをする人が少なくなったそうですが、そんななか、80歳を過ぎた草笛光子さんが最近は白髪から黒髪に変わってきたという話がありました。

こういう現象ってあるのでしょうか?

白髪を染めないのは草笛光子さんのほかにもいた!

草笛光子さんの他にも、思い切って白髪を染めない選択をした有名人が増えてきています。

島田順子おしゃれライフスタイル Shimada Junko Styleを出版している島田順子さんや、キレイを引き出す美容法でおなじみの佐伯チズさん、自然なグレイヘアで映画・ドラマに引っ張りだこであった樹木希林さんもお亡くなりになるまで白髪を染めないでいた有名人ですね。

現在84歳の草笛光子さんも、ライフスタイルを紹介する草笛光子のクローゼットでグレーヘア(グレイヘア)を活かしたコーディネートを多数紹介されていますね。

どの方も自然に年齢を重ねている感じがして、白髪が多いことでかえってエレガントさが際立っていますよね。

白髪のある人でも黒髪よりも白髪のほうが多くなったと感じたら、思い切って白髪を染めないことも考える良いタイミングだと言えそうです。

白髪を染めない草笛光子さんのグレイヘアから黒髪が生えた

そんな草笛光子さんですが、82歳の時のインタビューで「黒髪が生えてきた」と驚きの告白をしているんです!白髪が黒髪に変わる事って本当にあるのでしょうか?まずは、草笛さんが心がけている生活習慣から可能性を探っていきましょう。

適度な運動

現役で舞台もこなす草笛光子さんは、体力を維持するために日常的に運動を取り入れて生活しているそうです。具体的には

  • 入念なストレッチ
  • 愛犬との散歩
  • 体幹トレーニングや筋トレ

と80代とは思えないメニューです。適度な運動は血流が促進され、ストレス解消アンチエイジング効果があるので、草笛さんが若々しいのも頷けますね。

気持ちを若々しく保つと黒髪に?

草笛光子さんは芸能界にいる事もあってか、頻繁に若い世代のスタッフや役者さんを家に招いたり食事をしたりするそうです。若い世代と交流すると、自分もすっかり若い気持ちになりますよね。

病は気からとも言われますが、若い人と交流して若い気分でいるのもアンチエイジング効果があります。草笛光子さんも、若い世代からの刺激をもらってお肌や髪の毛の細胞が活性化しているんですね。

スタミナをつけるための肉食

現役の舞台女優である草笛光子さんは、とにかく体力をつけるために肉食を心がけているそうです。年齢を重ねるとお肉は重たく感じてあまり食べられなくなってしまう事が多いですが、草笛さんは朝からステーキを食べることも珍しくありません。

実は、お肉でしっかりタンパク質を摂取することは美肌と美髪には欠かせないことなんです!いくら良い育毛剤を使っていても、髪の毛の材料となるタンパク質がなければ美しいお肌や髪の毛は生まれません。

グレイヘアーから黒髪が出現するって本当?白髪になる原因とは

しかし、いくら草笛光子さんが美容に良い生活をしているからといって、本当に白髪が黒くなったりするのでしょうか?まずは、白髪の原因から探っていきましょう。

色素を作るメラノサイトの働き

黒髪の色素であるメラニンは、毛穴の中で髪の毛を作る”毛母細胞”にあるメラノサイトで作られます。しかし、メラノサイトの働きが低下してしまうことで、メラニン色素が含まれない髪の毛が生えてきてしまいます。これが白髪です。

メラノサイトの働きは、一度低下してしまうとなかなか元通りになりません。残念ながら、一度白髪が生えてきてしまった毛穴から黒髪が復活する可能性は低いのです。

メラノサイトの働きが弱くなる原因は?

メラノサイトの働きが低下する原因は何なのでしょうか?実はメラノサイトはとっても敏感で、ちょっとした体の変化やストレスなどでメラニンの生成をストップしてしまうのです。具体的には

  • 加齢
  • ストレス
  • 栄養不足
  • ホルモンバランスの変化

などがメラノサイトの働きを弱めてしまいます。女性は「妊娠・出産」「更年期」などでホルモンバランスが崩れやすいですね。この時期に無理をしてしまい、一気に白髪が増えてしまう人も少なくありません。

グレイヘアーから黒髪を復活させるためにやるべき習慣

それでは、そんな敏感なメラノサイトを元気にするために心がけたいことを確認していきましょう!メラノサイトが元気になるという事は、体全体の細胞も活性化するということ。続けると全身のアンチエイジング効果も期待できますよ。

規則正しい生活リズム

「夜更かし」「食事の時間が毎日違う」といった習慣は要注意!白髪を増やさず、イキイキとした黒髪を育てるためにはなるべく毎日同じリズムで生活しましょう。

日によって生活リズムが違うと体はストレスを感じてしまい、メラノサイトにダメージとなってしまいます。生活リズムが整うと、知らず知らずのストレスが軽減。ホルモンバランスも整うので「なんとなく調子がいい!」と感じる日も増えてきますよ。

基本は和食!バランスの良い食生活

毎日コンビニおにぎりやインスタント食品を食べていませんか?これらの食事の一番の欠点は「栄養バランスが悪い」事。エネルギーにはなりますが、体のもとになるタンパク質や、代謝に必要なビタミン・ミネラルが不足しているので美しい身体が作られません。

白髪に効く食事としてオススメなのが和食です。ご飯、汁物、メインの肉や魚料理、野菜たっぷりの煮物、小鉢、香の物といった一汁三菜を心がけると自然と栄養バランスが整います。

とはいえ、毎食和食を作るのは大変ですね。そんなときにはサプリメントなどで栄養素を補うのも賢い方法です。

・メラノサイトなどの細胞を作るのに欠かせない”亜鉛”
・メラノサイトがメラニンを作るサポートをする”銅”
・メラニンのもととなる”チロシン”

などはバランスの良い食生活を心がけていても不足しがちな成分です。白髪の他にも風邪を引きやすいなどの不調がある人は、もしかすると栄養不足かもしれません。白髪サプリやマルチサプリで補う事も検討してみてください。

頭皮マッサージや丁寧なブラッシングも

現代人はスマホやパソコンに向かう時間が長く、目の奥や首から肩にかけての筋肉が緊張して血流が悪くなっている人が多いです。このコリを放置してしまっていると頭皮の血流も悪くなってしまい、せっかく摂った栄養素が毛根に行きわたりません。

そんな頭皮のコリからくる白髪や薄毛に効果的なのが頭皮マッサージです。シャンプー前や、朝のスタイリング前に指の腹を使ってもみほぐしましょう。また、いつものブラッシングを少し丁寧に行うだけでも、血流が改善されます。

頭皮に負担をかけるパーマやカラーを避ける

長年美容院でのカラーリングやパーマを頻繁にかけている人は、髪の毛や頭皮にかなり負担をかけてしまっているかもしれません。20歳ごろに比べて髪の毛が痩せていたり、パサついてうねりが出ていたりしませんか?メラノサイトに負担がかかり、一気に白髪が増えてしまうかもしれません。

パーマをかけるなら、負担の少ないコールドパーマを選択しましょう。頭皮に負担のないヘアアイロンでのスタイリングもおすすめです。白髪染めはなるべく頻度を減らし、ヘアカラートリートメントやヘナカラーなどの頭皮に刺激が少ないものを使うのがおすすめです。

グレイヘアーで決める前は少々の白髪を気にしない!

白髪が出ているのは、あなたが頑張った勲章!少々白髪があっても、ニコニコしていてポジティブに過ごしていると他の人からは白髪が気にならないものです。

逆に「白髪が増えちゃった・・・ショック・・・」とネガティブになってしまうと、メラノサイトにストレスが伝わってしまいます。余計に白髪が増えてしまうという悪循環に陥ってしまうので、気にしすぎないようにしましょう。

白髪を染めない!草笛光子さんを見習うなら

草笛光子さんのキレイなグレーヘアー(グレイヘアー)に黒髪が戻ってきてくれたのは、きっと草笛さんが世代を超えて若々しい感性を取り入れているということも関係がありそうですね。

生活習慣に気を配るのも大事だけど、前向きな気持ちでいるということはホルモン分泌などに影響を与えそうです。

日本人の白髪のほとんどは真っ白ではなくちょっと黄色がかっています。

綺麗なグレーヘアー(グレイヘアー)にするには、そこに青みのある白色を足して調整します。

つまり、全く染めないで草笛光子さんのような美しいグレイヘアーは保てないので、美容院で染めてもらうか、または自宅でちょこちょこ毎週染めるか、って流れになります。

それまでは、白髪を隠す白髪染めを使うか・・・・悩ましいところですが、白髪を減らす方法として科学的にはまだ解明されていないけどいろいろな研究がされていて実績をあげているところもあります。

毎日の食生活や生活改善ができにくい人は、白髪から黒髪に戻せる!という噂の白髪サプリメントを利用するのも簡単でいいですね。

島田順子さんのシルバーヘア 全部白髪にしたい!毛染めをやめて白髪にする方法ってある?