白髪になったらブリーチはできない?

妊娠中の白髪染めって大丈夫?妊婦さんの白髪の対処法

妊娠中の白髪染め

妊娠中や産後もキレイを保っているママが増えていると思いませんか?

疲れて見えないために大切なのがヘアケアです。特にプリン状態や白髪を放置しているとなんだかお疲れぎみ?って見られがちなんですよね・・。

でも妊娠中や産後授乳中にヘアカラーをして大丈夫なのでしょうか?

妊娠中でも安全で髪にも優しい白髪染めや危険なヘアカラーについて解説し、安全で心配のいらない白髪染めを紹介します。

妊娠中のカラーリングの有毒性について

妊婦さんの白髪染めというと、薬剤が胎児に悪影響を及ぼすのでは…と思う人も多いかもしれませんが、それは医学的根拠はないとされていますので、そこは安心して大丈夫です。

それじゃなんで美容院で白髪染めすべきじゃないの?というと、そこには妊婦さんならではの理由がいくつかあります。

  • 白髪染めやパーマ液などの臭い
  • ホルモンバランスの変化
  • 待ち時間の長さが負担になる

いろいろなリスクが体調の悪化につながってしまうかも、という想定で、妊婦さんの白髪染めやカラーは注意すべきといわれています。まずは胎児への影響を確認していきましょう。

ジアミン染料配合のヘアカラーがNGな理由

サロンでのカラーリング・白髪染めは、アルカリ性の薬液でキューティクルを無理やり開くので、頭皮や髪の毛にダメージが大きい方法です。

妊娠中は特に敏感になっているので、普段大丈夫な人でも頭皮トラブルになる可能性が高まります。

ジアミン系染料は危険

また多くのカラー剤に含まれている“ジアミン”という成分はアレルギーのリスクで有名な成分。アレルギー体質でなくても、度重なる使用でアレルギーを発症してしまいます。

頭皮から白髪染めの成分が体内に吸収されて胎児に影響するという医学的根拠はありません。しかし妊娠中の頭皮トラブルや、アレルギーによるアナフィラキシーショックを避けるためにも、ヘアカラーはなるべく頻度を落としたいところです。

妊娠初期で美容室に行くリスクは他にもある

「まだお腹が出ていないから、今のうちに美容院に行っておこう」と考える妊婦さんも少なくありません。しかし

  • つわり中はカラー剤のにおいで気分が悪くなる
  • ホルモンバランスが安定しない時期なので、より頭皮トラブルのリスクが上がる
  • 無理な体勢を続けて体に負担がかかる
というリスクがあります。

特に医師から安静指示が出ている人は、座りっぱなしになるカラーリングはNG。すぐに横になれないので、切迫流産の人やハイリスクの人は安定期まで待ちましょう。

ホルモンバランスの影響で

妊娠中は肌や頭皮が弱くなったり、髪質が変わる事があります。

妊婦さんの白髪染め

いつも大丈夫だった白髪染めでも、頭皮が敏感になっていてかぶれてしまったり、髪に合わなくなっている可能性もあります。

いろんな体調変化に備えてなるべく天然染料がメインの白髪染めに切り替えておくのがおすすめです。

待ち時間やシャンプーなどが負担に

妊娠中はトイレが近くなることもあると思いますが、美容院で白髪染めをすると2時間はあまり自由には動けません。

放置時間ジッとしている体制が辛く感じる事もありますし、シャンプー台がフラットタイプだと大きくなったお腹に負担がかかります。

妊娠期間は10ヶ月ちょっとあるので、普段美容院でこまめに白髪染めしている人は悩みどころかもしれませんが、妊娠中はオーガニックなカラートリートメントを使ったりして白髪ケアをし、出産が終わって落ち着いてから美容院に行くようにした方が負担が少ないですよ。

安全な白髪染め3つの方法

妊娠中安全な白髪染め

なるべくリスクを避けたい妊婦さんや、自宅安静を指示されている妊婦さんは白髪染めを諦めていませんか?実は妊娠中のデリケートな頭皮・髪の毛でも使える白髪染めがあるんです!

妊娠中でも安心して使用できる白髪染めは、キューティクルを開かずコーティングするタイプの白髪染めです。

強い薬剤を使わないので頭皮や髪の毛に負担がかかりませんし、ホルモンバランスで変化してしまった髪質も補強できるんですよ。

ヘアカラートリートメント

シャンプー後、トリートメントのように使用するだけで白髪をカバーできるヘアカラートリートメント。

カラートリートメントで白髪染めているところ

妊娠中だけでなく、将来髪の毛を健康に保つためにもずっと使用していきたい白髪染めです。

染める頻度は週に1~2回

かなり多く感じますが、白髪染めするたびに髪の毛にツヤが生まれるので、妊娠中でもキレイが保てます。頻繁に染めるので、生え際やプリン状態も気になりませんよ。

ヘアカラートリートメントランキング!おすすめや失敗しない選び方を実体験写真付きで紹介!

ヘナ

天然の染料であるヘナは、同時に髪の毛内部も補修してくれるので、髪の毛が細くうねりがちな人に最適。

ヘナだけだとオレンジ色に染まるので、色味を調整するためにインディゴを混ぜて使います。

妊娠中ヘナで白髪染め

慣れている人は自宅でも染められますが、ヘナとインディゴを配合したり、粉の状態からペーストにして髪の毛に乗せたりするのはコツが必要です。初心者はヘナを扱っている美容院に行った方が良いでしょう。

またヘナは2週間くらい色持ちしますが、その分放置時間が30分~1時間と長いのが難点。座りっぱなしの姿勢が母体と胎児に負担となるので、検診で問題ないと言われた人だけ挑戦するようにしましょう。

ヘアマニキュア

ドラッグストアで安く手に入り、2週間以上色持ちするヘアマニキュアもおすすめです。

ヘアカラートリートメントやヘナに比べて化学成分が多く配合されているので、妊娠中は必ずパッチテストをしてから使用しましょう。

妊婦の時から産後まで実践している白髪染め

妊娠中はお腹が大きくなって体が重たくなるだけでなく、つわりや眠気、だるさなどで普段の体調よりもぐっと制限が掛かっている状態です。

そんな妊娠中のママさんたちはどのように髪の毛をキレイに保っているのでしょうか?

妊婦のときから産後直後もママさんが実践していた白髪染めの方法を参考にしてみましょう。

妊婦さんが実践してる白髪染め

プレママさんが実践していた白髪染め対策

毎回の検診で全く問題なかったプレママさんたちは、普段通り美容院でカラーリングや白髪染めをしていた人も少なくありません。

ただし頻度は少なめに、安定期~後期にかけて染めた人がほとんどです。

つわりが酷い人や、なるべく安静にと診断を受けた人は、ここぞという外出の直前にはヘアカラートリートメントやヘアマニキュアで白髪染めをしています。

出産1~2ヵ月前に1回だけ、産後美容院に行けないことを考慮して美容院に行く人も。

妊娠中の白髪染め対策にはヘアカラートリートメントがベスト

普段セルフカラーをしない人は面倒に感じるかもしれませんが、妊娠中は頭皮や髪の毛への優しさから見てヘアカラートリートメントで白髪染めをするのがベストです。

アレルギーや肌トラブルも起きにくく、妊娠中の栄養不足で痩せやすくパサつきやすい髪の毛もケアできます。

また妊娠中にヘアカラートリートメントに慣れておくと、産後の白髪が気になった時に自宅でさっと染められるので便利ですよ。

妊娠したらコレが安心のヘアカラートリートメント

妊娠中の白髪染めでおすすめのヘアカラートリートメントですが、検索するとかなり多くの種類がヒットします。

ヘアカラートリートメントランキング

ドラッグストアで手に入るもの、ネット通販でしか手に入らないもの、1本1,000円のものから3,000円以上するものまで様々です。

安心して使える成分配合、染まりの良さ、色モチの良さで評判がいいヘアカラートリートメントを選ぶと、妊娠中でも快適に白髪ケアができますよ。

総合的に評価が高い「利尻ヘアカラートリートメント」は妊娠中のプレママさんたちも愛用者が多くいます。

利尻ヘアカラートリートメントのクチコミ

利尻ヘアカラートリートメントの評判や口コミ

クチコ

妊娠中で白髪が増え悩んでましたが肌に優しく無添加なので購入。
早く染まって簡単でまた購入しようと思います!

評香

現在妊娠中の為、しばらく美容院では染められないので、またリピ買いました。もう何本も使っていて、においもないし、他に道具が全くなくても素手で簡単に染められるので本当に楽ちん。

シャワーだけの日も体を洗っている間に染められます。そして髪もサラサラです。

1週間に1~2回の頻度で染める必要があるヘアカラートリートメントですが、利尻ヘアカラートリートメントは染まりやすいので湯船に浸かったり体を洗っている間にも簡単に染められます。

簡単に染められるので面倒さを感じないという声が多数でした。

利尻ヘアカラートリートメントの妊婦さんの口コミ

また、妊娠中にプレママさんたちが悩みやすい「髪の毛の痩せ」「髪の毛がぱさつく」などといった変化も、利尻ヘアカラートリートメントで解消できます。

さらさら、ツヤツヤ、うねりが少なくなる、など嬉しい声がたくさん見られました。

口コミからわかった利尻ヘアカラーの魅力とおすすめポイント

下の写真は、利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで人毛の白髪を染めた色がわかる検証写真です。

利尻 ダークブラウン

白髪全体だった毛束の半分がブラウンに染まっています。

また、数あるヘアカラートリートメントの中でも利尻ヘアカラートリートメントの特徴もまとめると以下です。

  • 染まりやすく色落ちしにくい
  • 利尻昆布由来の潤い成分がダメージヘアを補修

妊婦さんに人気の秘密となっているのがこの2点です。

手軽に染められるので妊娠中の大きいお腹でも使いやすく、子供が生まれてからの忙しい合間でもキレイな髪色を保てます。

妊娠を期に使い始め、ずっとリピートしている人も少なくありません。

また、利尻昆布由来のフコイダンやアルギン酸、ミネラル分が髪の毛に潤いを与えてくれます。

利尻ヘアカラートリートメントの効果

他のヘアカラートリートメントよりもしっとり感が強く、切れ毛や浮いた毛が出にくいので、疲れて見えるのを防げます。

2本で送料無料

妊娠中に白髪染め出来てよかった?実際に使ってみた人の声

妊娠して子供を産んだら、自分にかけられる時間は激減しますよね。ふと鏡を見て老け込んだ自分に落ち込むこともあるでしょう。

妊娠中から白髪ケア・ヘアケアをしておくと、ぐっと若々しく見えるのでおすすめです。

産後のヘアケアに良い白髪染め

特に白髪ケアとヘアケア、スカルプケアまで1度にできるヘアカラートリートメントは産前産後の白髪染めにはもってこい。実際に妊娠中からヘアカラートリートメントで白髪染めをしていた人の声を集めてみました。

利尻ヘアカラートリートメントを使い始めたタイミング

クチコ

20代から白髪がありました。

カラーは染みるのでずっと苦手で、妊娠を期に使用し始め、色々浮気しましたが現在もリピート中です。

評香

妊娠中で市販の白髪染めには抵抗があり、知人の紹介でまず1本購入。

気に入ったので2本セットをリピ!

刺激はほとんどなく、使いやすいです。染めあがりは自然な感じに仕上がります。

妊娠中のカラーで頭皮が痒くなった、妊娠を期に白髪が増えた、など妊娠中は体質が変わりやすいですよね。

20~30代だと白髪の数もまだ少ないので、利尻ヘアカラートリートメントで白髪をカモフラージュするのに最適です。

妊娠中に使ってからどんな変化があったか

クチコ

妻が妊娠中から使い続けています。

カラーリングで傷んでいた髪がしっとり艶々になりました。しっかりと染まるわけではなく、ほんのり茶色・・・という感じですが、白髪が目立ちにくくなり満足しています。

評香

妊娠をきっかけで、ヘアカラートリートメントに変えました。

美容院で染めてもらうよりは、即効性はないですが、安心して使えるので週に2回は使用してます。ツヤがとても出て、サラサラになります。

当たり前のように美容院でカラーリングを続けていた人は、知らないうちに髪の毛にダメージが蓄積していることも。

妊娠を期に利尻ヘアカラートリートメントで染めてみると、染め上がりの髪の毛の状態に驚いたという声が多数見られました。

また妊娠中は頭皮がデリケートで、髪の毛の痩せや乾燥に悩まされる人が多いもの。

ヘアカラートリートメントならそんな頭皮ケアもしてくれるので、髪の毛でストレスを感じることなくマタニティライフを楽しめます。

利尻ヘアカラートリートメントを使ってよかったこと

クチコ

普段は美容室でカラーをしてもらっていますが、妊娠中でつわりがきつく臭いに耐えられそうになかったので、試しに購入しました。

臭いも刺激もなくトリートメントをするような感じで気軽に使えました。

評香

週2回ほどの使用で、白髪が目立たない状態をキープできています。子供と一緒にお風呂に入っても、手軽に使用できる点が気に入っています。

刺激やニオイの少ない利尻ヘアカラートリートメント。

つわりの時期や、子供が小さい時期でも使えるのは便利ですよね。手や服についてもすぐに洗い流せば色が落ちるので、セルフで染める時に慎重にならなくて大丈夫です。

利尻ヘアカラートリートメント 口コミ・評判!ナチュラルブラウンなどの写真付き体験談

まとめ

妊娠中のヘアカラーは人によっては頭皮トラブルやアレルギーのリスクが高まります。

特にジアミン配合のヘアカラー・白髪染めは、安定期で体調の良い日にサロンで染めてもらうのが無難です。

ヘアカラーが胎児に影響を及ぼすという医学的根拠はありませんが、心配な人はヘアカラートリートメントやヘアマニキュアなど、髪の毛と頭皮に刺激が少ない白髪染めを選びましょう。

特にヘアカラートリートメントは、妊娠中に変わりやすい髪質や頭皮のゆらぎ肌をケアしてくれるので産前産後におすすめです。

利尻ヘアカラートリートメントを始めとする、染まりやすく落ちにくい商品を選ぶと染めるのも苦になりませんよ。

産前産後も安心

ヘアカラートリートメントランキングで染まりやすさを比較・検証しました。