カラートリートメントでピンクにする方法

白髪を減らすには30代から意識するのが大事!今からでもできる白髪対策

30代から白髪を減らす方法

30代なのに、白髪が1本出てきた・・というように、初めて自分の白髪を見つけたときってすごくショックではないでしょうか?

だけど、白髪になり始める年齢を調べると、そんなに驚くことでもありませんでした。

男性34歳、女性35歳

この年齢が白髪になり始める年齢としての平均値ということです。

しかし、これは30代女性の約50%が白髪になり始める年齢で、残りの50%はまだ白髪になっていません。

また、白髪がはえ始めると、どんどん加速して増え始めていく可能性もありますから、30歳のうちからしっかりと対策をしていきたいですね!

白髪の原因や毛髪になるまでの仕組みをチェック!

まずは髪の毛が黒い毛となる仕組みについて確認しておきましょう。

白髪の原因や毛髪になるまでの仕組み

白髪は、黒い髪の毛と違って、硬いし、パーマがかかりにくい、カラーリングもうまく染まりにくいといったデメリットが大きいので、なるべく増やしたくないですね。

また、うまく白髪を減らす方法があるなら知りたいものですよね。白髪になる原因やメカニズムを徹底調査したので解説します。

髪が黒髪になるまでの仕組み

実は私たちの髪の毛は生えてくるまで「全部白髪」です。

はじめは白髪

白髪が黒髪にかわる仕組みを紹介します。

  1. 毛根の先にある毛乳頭が毛細血管から栄養を取り込む
  2. 毛母細胞が分裂を繰り返し髪の毛を作り出す
  3. 毛乳頭の周りにあるメラノサイトでメラニンが作られる
  4. メラニンが毛乳頭に運ばれて黒い髪が生えてくる

このように複雑な過程を繰り返して黒髪になるなんて驚きですね。

黒髪に必要な3つの栄養素

一度白髪になった髪の毛は回復するのは難しいです。

しかしなかには、また黒髪が生えてきた!という方も存在しますよね?

白髪が減った

例えば女優の草笛光子さんもその一人で80歳過ぎてから白髪だったのが黒髪に戻っていると言っています。是非とも黒髪に戻るコツを知ってあやかりたいですね^^

草笛さんは普段から和食が好みというお話をしていました。黒髪を復活させるには、大切な栄養素があって、大きく分けると3つあります。

>>草笛光子さんの白髪を染めないグレーヘア(グレイヘア)から黒髪に変化した原因とは?

タンパク質

髪の毛は80%が「ケラチン」と呼ばれるタンパク質からできています。丈夫な髪には欠かせない栄養素です。

カルシウム

美容サロン用のヘアケア商品を専門に卸すミルボン株式会社の研究で、白髪にはカルシウムが少ないという結果が出ています。

丈夫な骨だけでなく白髪にも有効な成分なのです。

亜鉛

白髪は亜鉛の含有量も少ないことがわかっています。成長ホルモンの分泌にも大切な栄養素ですが、白髪にも重要なのですね。

参考:ミルボン公式

白髪になってしまう2つの原因とは?

大きく分けて2つの原因があるといわれる白髪。その仕組みをわかりやすく解説します。

白髪の原因

原因1.メラノサイトの不活性化

毛髪に色を与えているのはメラニン色素です。

メラニンをつくっている細胞は、髪を生みだす毛母細胞にメラニン色素を受け渡すことで、毛髪に色を与えています。

このメラニン色素が何らかの原因でつくられなくなると、毛髪は色を失い、光を反射して白く見えるようになります。これが白髪です。参考:資生堂ビノラボ

髪の毛の色を黒くしているのが良く知られている「メラニン色素」です。

毛乳頭にあるメラニンの工場が加齢などの原因で機能しなくなると白髪が発生します。

原因2.メラニンの輸送系が不活性化

作られたメラニンは毛根まで運ばれ、初めて髪を黒くする効果が生まれます。

しかしこの運搬系が機能しなくなると、メラニンを毛に届けられないため白髪になります。

白髪を減らす食べ物や食事方法:チロシンや銅は必須

白髪を減らす食べ物

加齢以外の原因で発生した白髪を減らすには栄養が必要になります。

栄養素は一度にたくさん摂っても体外に排出されるものも多く、毎日継続的に食べたほうが効果的です。

食事方法は1日3食が基本

つい忙しくて朝食を抜かしたり、インスタントで済ませたりと現代人は不規則な生活を送る人が多いです。

しかし白髪を減らすには定期的に髪の毛に栄養素を届ける必要があります

白髪を減らす食べ物①「海藻類」

メラノサイトを活性化、細胞の分裂も促す「ヨード」が豊富です。

代表的な食べ物はワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類。手軽に韓国のりで摂取してもいですね。

白髪を減らす食べ物②「チロシン」

チロシンはメラニン色素の原料の一つで、不足するといつまでたっても白髪に黒い色がつきません。

乳製品、魚介類、果物、ナッツなどに含まれます。

白髪を減らす食べ物③「銅」

チロシナーゼというメラニンを活性化させるミネラルが豊富な銅は、豆、野菜、穀物、魚介類、果物などたくさんの食材に含まれています。

納豆を食べると白髪を減らせる?

昔から「納豆を食べると白髪が減る」といわれます。

根拠のない都市伝説かと思い調査してみると、きちんとした根拠がありました。

納豆の栄養素

日本で古くから食べられる歴史を持ち「畑のお肉」といわれる納豆の栄養素をまとめました。

  • 大豆タンパク
  • 亜鉛
  • カリウム
  • カルシウム
  • ビタミンB1
  • イソフラボン
  • 大豆レシチン
  • 納豆キナーゼ

このほかにも豊富なアミノ酸など数えきれないほどの栄養素が摂れる納豆。

余すことなく摂取したいなら加熱せずに食べるのがおすすめ。納豆だけに含まれる納豆キナーゼは50℃以上で活動が弱くなるためです。

納豆の白髪効果

白髪を減らす効果を期待できる成分として注目の成分は「大豆タンパク」「カルシウム」「亜鉛」があげられます。特にタンパク質に含まれるチロシンはメラニンの生成に欠かせません。

カルシウムと亜鉛も黒髪には多く白髪に少ないため積極的に食べたい成分です。かといって過剰に食べる必要はなく、毎日1パックで十分な量を摂れます。

顔汗対策の新常識!
【顔汗ピタッと】化粧崩れなんて怖くない!TVで絶賛の○○が今だけお得に!?
テカリ訴求
脇汗のニオイもキツイ・・・・

30代からの白髪を減らすには?

女性の約半数は35歳から白髪になるとあちこちでいわれますが、できるだけ白髪は少ないに越したことはありませんね。

今できてしまった白髪がいいにしても、できるだけこれから生える白髪は減らしていきたいところ・・そこで少しでも黒い毛でいられるためにできる対策を紹介します!

普段の生活でも簡単に取り入れやすい方法なので是非実践してみてくださいね。

食事や食生活の改善

仕事や育児で忙しい30代は自分の食事はつい後回しにしがちですよね。

多忙な毎日でも必要な栄養素を摂れるような改善法はいくらでもあるので、参考にしてみてください。

  • シリアル・コーンフレーク・簡単なものでいいから朝食をとる
  • 1日に1回は海藻を食べる。インスタント味噌汁などでもOK
  • 納豆は毎日食べる。合わせる食材を変えてバリエーション豊かに
  • コンビニ・カップラーメンのときは野菜サラダをプラスする
  • 果物も積極的に食べる。春はイチゴ、冬はみかんなど旬を意識する

女性ホルモンの減少にも注意

40代を間近にした女性の体では「女性ホルモンの分泌低下」が起こっています。

白髪への影響は諸説ありますが、髪の成長に関わりの深い「成長ホルモン」の減少と時期が重なり、さらに白髪が加速されると考えられています。

女性ホルモンは丈夫な骨、艶のある髪の毛など若々しさに深く関係のあるホルモン。細胞の分裂を活性化させる成長ホルモンと同じく、白髪を減らすために不可欠な存在です。

白髪減らすサプリ

最近では白髪を減らすサプリもでてきて、忙しい人で朝食がとれない、外食が多いというケースでも有効に活用できます。

通販限定の黒ゴマ・亜鉛、レスベラトロールなど厳選成分を配合した白髪特化型サプリも人気です。

なかには1カ月分が数百円から購入できる商品もあり、お財布に優しいのがメリットで、成分もビタミン、ミネラル、亜鉛など単体のものから、1日分の栄養素をまとめて摂れるタイプなど品ぞろえが豊富です。

白髪を減らすシャンプー方法

白髪を減らすシャンプー方法

ほとんどの人が1日1回シャンプーをしていると思いますが、そのシャンプーの方法が白髪を増やす原因になっている可能性があるというのがわかっています。

そこで白髪を減らす正しいシャンプー方法を紹介します。

①地肌に直接つけない

シャンプーに使われる洗浄成分は、界面活性剤など肌に刺激の強い成分が含まれる商品もあります。

スッキリ洗いたいからといって頭皮に直接つけるのはNG。必要な脂分まで流してしまい、細胞の活性化を妨げてしまいます。

②シャンプーを使わない

究極の白髪予防策はシャンプーそのものを使わない「湯シャン」と呼ばれる方法です。

頭皮を自然の状態に近づけ、本来の力を取り戻すのが目的ですがちゃんと洗わないと臭いが出やすいので、ぬるめのお湯でしっかり洗うようにしましょう。

注意したいシャンプー

シャンプーの分類は「石油系」「アミノ酸系」「酸性石鹸系」など数種類あります。

この中で避けたほうがいいのがラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなどの表記でおなじみの「石油系(高級アルコール)洗浄剤」です。

泡立ちの良さ、原料の安さが理由で広く使われる成分ですが、肌への刺激が強く白髪をさらに加速させる結果に。洗浄力が強すぎて頭皮が乾燥、理想的な毛髪サイクルの妨げになります。

白髪を減らすシャンプー

メラノサイトの働きを活性化させるには、老化の原因となる「活性酸素」を除去する必要があります。

「ヘマチン」といわれる有効成分や、独自の黒髪促進成分を配合したシャンプーを使ってみるのもいいでしょう。

haru kurokamiスカルプ

haruシャンプー

メーカー 株式会社nijiito
内容量 400ml
価格 定価3,600円
定期コース2,880円
成分 活性酸素除去成分「ヘマチン」
血行促進成分「ビワ葉エキス」

30代以降のハリ・コシのない髪の毛にもおすすめなのが「haruスカルプシャンプー」です。

黒髪に着目した様々な成分が配合、白髪対策がこれ一本でOK。リンスやコンディショナーがいらないのも嬉しいですね。

ノンシリコンシャンプーだから泡立ち悪いかもな~って思ったけど、とっても細かい泡ができました!

haruシャンプー
この細かい泡で髪を洗うと頭皮がスッキリして気持ちよいです。

>>100%天然由来のオールインワンシャンプー 限定数 3600円

黒髪KAMIKAオールインワンシャンプー

kamikaも1本でシャンプー・リンス・トリートメントができるオールインワンシャンプー。さらに、スカルプケアも出来てしまうので抜け毛が気になっている人や頭皮ダメージが気になる人にかなりおすすめ!

2018年11月に@コスメ「頭皮ケア」部門 ランキング第1位も獲得!

メーカー ECホールディングス
内容量 200ml
価格 定価5,800円
定期コース3,980円
成分 活性酸素除去成分「ヘマチン」
黒髪増進成分「メリタン」

シャンプーだけでなくリンス、頭皮クレンジングなど1本5役のオールインワン。

90%以上が天然由来成分なので敏感肌の白髪対策にも最適です。

>>白髪改善できるシャンプー特集!白髪予防や白髪修復におすすめのシャンプー

白髪を減らすにはマッサージも!

頭皮の活性化

有効成分が配合されるシャンプーは頭皮にとって大事ですが、直接頭皮をマッサージするのも効果的です。

最近はドラッグストアにセルフマッサージに使用できるヘアトニック剤が販売されていますが、美容室の「ヘッドスパ」もおすすめです。

皮脂汚れなど頭皮の詰まりを取り除き血行を促進、毛乳頭に必要な栄養もたっぷり与えてくれます。

白髪を減らすと同時に美髪効果も

年齢には逆らえないとあきらめる人も多い白髪対策ですが、そうではありません。

白髪のメカニズムを理解して、食事やシャンプーを見直すだけで、白髪を減らせるかもしれません。

また、白髪ができにくい頭皮環境の嬉しいのは白髪予防だけでなく「美髪効果」も得られる点です。

健康な髪は艶もありサラサラヘアーになります。パサつきやうねりも解消され、髪がキレイだと、いつまでも若々しくみられるので、色々なスタイリングや髪のアレンジも楽しめます。

まずはシャンプーの見直しから始めてみるといいですよ!

白髪が減らないうち自宅で簡単染めを活用するといいですよ

>>おすすめのヘアカラートリートメントランキング