白髪染めにウィービングを活用する3つのテクニック!

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで染めた口コミ!ビフォーアフター写真付き体験談

利尻ヘア化r-トリートメントのライトブラウンで染める前

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンの色味

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンってどんな色合いになるのでしょうか?

地毛が茶髪に染まっているなら生え際から白髪を黒髪がはえてきてもうまく隠してカモフラージュができるでしょうか?

それとも一番明るい色味だから、白髪しか染まらないで逆に黒髪とのコントラストが出てしまい良くないでしょうか?

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは赤みを強く感じる個性的なカラーですが、うまく使えばツヤツヤと発色する髪色になります。

まずは、毛束で染めたものと比較してから、実際に自分の白髪で染めたライトブラウンの色味を写真で紹介します。

ライトブラウンで染めた白髪とハイブリーチを比較

利尻ヘア化r-トリートメントのライトブラウンで染める前

ライトブラウンの色味はその名の通り明るい茶色なのか調べたいので、白髪が50%含んだ黒髪とハイブリーチの髪でどう染まり具合が違うのか比較してみました。

ライトブラウンの染料に30分染め置き

どちらも染料につけて30分放置しました。

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで染め中

染め置き後すすいでドライヤー

放置時間のあとはお湯でキレイにすすいでドライヤーで乾かしました。

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで染めた

どうですか?白髪が50%含んだ黒髪が赤っぽい茶色に染まっています。

ほぼ金髪に近いハイブリーチヘアーで染めてみても同じような赤っぽいブラウンに染まりました。

地毛が赤茶か、髪が黄色っぽくなってしまった色をおさえたい人に良いカラーですね!

実際に私も染めてみたビフォーアフターの写真も紹介するので参考にしてください。

利尻のライトブラウンで生え際の白髪染めした写真

染める前の白髪

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウンで染めて7日

染める前の白髪の状態が上の写真(前回は利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンで染めて7日経過)です。

この夜にライトブラウンで染めました。

利尻のライトブラウンで染め中

すると白髪は一気に変化します。

ライトブラウンで染めた生え際の髪色

利尻のライトブラウンで染めた翌日

キレイに染まりました!ちょっと赤みの効いたブラウンです。

以下の写真は染める前の白髪で、前髪をかき上げると白髪がハッキリしていました。ヘアカラートリートメントで染めてから1週間たったので、生え際の白髪がすっかり見えていました。

利尻ヘアカラートリートメント ダークブラウンで染めて7日

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンを髪に塗って20分放置後洗い流してこんなにキレイに染まっていますのでバッチリです!

利尻のライトブラウンで染めた翌日

白髪が赤っぽい茶色に染まったのがよくわかりますよね?

ライトブラウンはこんな色合いに染まります。結構おしゃれっぽい色味なので、白髪が私くらい多い人ならメッシュっぽくなっておしゃれ感があります!おすすめ^^

\2本以上で送料無料/

利尻のライトブラウンはこんな人が使うべき!

利尻ヘアカラートリートメントの色選び

利尻ヘアカラートリートメントのカラーラインナップは4色あり、「ライトブラウン」は、「赤っぽい茶色」という感じです。

ナチュラルブラウンと比較すると一番差がでてわかりやすいです。

  • ナチュラルブラウン・・黄色っぽいアッシュブラウン
  • ライトブラウン・・赤っぽいピンクブラウン
  • ダークブラウン・・こげ茶・少し赤に近い

毛束で比較するだけだとわかりずらいですが、自分自身で4色使ってみて1週間の色持ちを比較したら、結局、このライトブラウンとナチュラルブラウンが一番長く色持ちしました。

色は対局のカラーでライトブラウンはとにかく赤みがはじめから強くて最後まで赤み→ピンクっぽさを残しつつ色落ちします。

現在、髪色をピンクブラウンや赤茶色の髪色に染めいてる人が補色や美容院のつなぎに利用すると良いカラーです。

ピンクブラウンみたいなカラーに染めている髪色にはすごく合うと思います。

逆にアッシュブラウンの髪色にはナチュラルブラウンのカラーがいいですね。

明るい髪色の人にあう色味

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは、もともと明るめに髪の毛を染めている人や、ダメージなどで髪の毛が明るくなりがちな人に合う色味です。

特に、染めて時間が経ってキラキラと傷んだ髪の毛が浮いている髪とは相性ばっちり。強くなった黄色を赤みで落ち着かせてくれるのでツヤ感がアップした上品な髪色に仕上がります。

白髪の量が多い人にも良い

黒髪との染まり具合の差が出やすい利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは、ちらほら白髪の人が使ってもカバーしきれず白髪部分だけ赤っぽく浮いてしまいます。逆に白髪がしっかりある人はライトブラウンの色味を出しやすいので、自然な明るさに仕上がりますよ。

黄ばんで見えてしまいまいがちな大量の白髪ですが、ライトブラウンの赤みを足してあげるのが◎。まめに色を重ねてあげないとすぐに薄くなってしまうのが難点ですが、染め上がりは深みのあるきれいな茶髪となるでしょう。

黒髪は染まらない

残念ながら利尻ヘアカラートリートメントは元の髪色よりも明るく染めることはできません。

黒髪はライトブラウンには仕上がらず、太陽光の下でほんのり赤っぽく見える程度になるくらいです。

特にちらほら白髪の人は、黒髪は黒髪のまま、白髪は赤みの強い茶髪に仕上がるのであまり白髪を隠せたように感じられません。

もしも明るい色味に染めたい場合は、全体をサロンで明るく染めてからリタッチで使用するのがおすすめです。

ライトブラウンの染め持ちは?

利尻ヘアカラートリートメントは「3日連続でしっかり発色させた後は1週間に1~2度の使用で髪色を保てる」商品ですが、暗い色の方が色モチしやすい傾向にあります。

一番明るいライトブラウンは、その人の髪質によっては3日置きくらいに使用しないと髪色をキープできない場合があるので注意しましょう。

もしも色落ちが心配な場合は色味の濃い色(ダークブラウンやブラック)を少し混ぜて使用したり、何度かに1度は暗い色のみでしっかり髪の毛をコーティングしてあげたりすると安心です。

染めてから5日後

利尻ヘアカラートリートメントで染めてから5日経過しましたところ、やっと色が落ちてきた感じです。

5日経過

染めた翌日からは髪つやがよいので3日間はリンスもトリートメントも使わないでOKでしたし、その後もツヤが落ちたくらいで、白髪は全然目立たないので染め持ちはよいと思いました。

5日後でも、まだ頭頂部には利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで染めた色がしっかり残っていますね。

よく見ると、髪の毛の内側の部分の白髪が少し色落ちしています。

横からみた色落ち具合

染めた直後よりトリートメント効果が落ちてきてしまったのか、コンディショナーやリンスが無いと少しきしむようになってきましたので、そろそろトリートメントを使います。

7日後の色落ち

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンで最後に染めてからちょうど1週間が経ちました!

7日経過

頭頂部の白髪は少し赤みが増してきましたが、まだ何とかごまかせていますが横から見ると白髪の部分の色が落ち始めているのでちょっと違和感があります。

横から見た色落ち具合

髪をかきあげると完全に色が違うのがわかるので、染めたほうがいい感じですね。

もうそろそろ白髪がわかる状態なので、染めたほうがいいでしょう。

やはり、利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは1週間くらいの頻度が良いサイクルと思います。

利尻ヘアカラートリートメントの使い方やコツ

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンは、赤みが強くてトーンが明るいことから他のカラーに比べて色落ちしやすい傾向にあります。

傷んだ髪の毛や白髪の割合が多い髪の毛にキレイに発色させ、色味をキープするために押さえておきたいポイントをいくつか紹介します!

色が入りにくいときは3回繰り返す

利尻ヘアカラートリートメントは髪の毛表面に色素を吸着させて発色させるタイプの白髪染めです。始めて染める人は、色素の土台を作ってあげるために最低でも3日連続で使用しましょう。

髪の毛表面にムラなく色素を吸着させられたら、あとは色落ちが気になったタイミングで染め直してあげるだけで髪色をキープできます。色モチを良くするために、普段のシャンプーを「アミノ酸系」などのマイルドな商品に変えてあげるのもおすすめです。

乾いた髪に染料を塗る

利尻ヘアカラートリートメントの基本の使い方は「シャンプー後タオルドライした髪の毛に使用」する方法なのですが、水分でクリームが薄まってしまうためしっかり染まらない人もいます。

1度の使用でしっかり発色させたい人は、シャンプー前の乾いた髪の毛に塗り、シャワーキャップやラップを巻いて30分放置するとしっかり染まるでしょう。普段からヘアワックスやヘアオイルを使っている人は、一度シャンプーで汚れを落とした後の乾いた髪の毛に使用すると確実です。

利尻のライトブラウンを使った人の口コミや評価をチェック!

それでは、利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンを使用した人の口コミを確認していきましょう!

気になる赤みの具合や、どのくらいの白髪の人が満足しているかを中心に調べたので参考にしてくださいね。

けっこう色が入るのでリピート中

クチコ

最近少しカラーしたので、ライトブラウンの方がいい感じかも。トリートメントしたあとはタオルに色が付くので要注意ですが、けっこう色も入るし(ノンシリコンのシャンプーがいいです)ずっとリピしています。
カラーで明るい色にした髪ならライトブラウンはちょうどよいですね。

かえってダークブラウンだと黒っぽい色になってしまうので、ナチュラルブラウンかどちらかで染めるのが良いと思います。

ライトブラウンとナチュラルブラウンを交互に使用

評香

ライトブラウンとナチュラルブラウンを交互に使うとちょうど良い色になり気に入っています。

この使い方は良いかもしれないですね!

ライトブラウンの赤みとナチュラルブラウンの黄色みが髪に残っていくので両方の色が良い相乗効果がありそうなので、試しても良いかもしれません。

美容院で染めた後の生え際の白髪に!

クチコ

美容院でのカラー後、3週間程すると生え際の白髪が目立つので、次の美容院までの間の繋ぎになる商品を探していました。気になっていた頭頂部の白髪が自然に染まりました!
超簡単で 初回はしっかり染めたいと思ったので部屋で30分放置。1回目でとても気になっていた頭頂部が染まっていました。

美容院のつなぎに白髪染めトリートメントを使う人が増えてきましたね。

利尻ヘアカラートリートメントのライトブラウンはまだ赤みが残っている茶髪にちょうどよく合うので、髪色に合わせて生え際だけ染まるのにもうまくいきやすいです。

白髪は薄い赤茶に染まって目立つかも

評香

今までダークブラウンを使用していましたが、今回初めてライトブラウンに挑戦しました。

時間をかけてもかけなくても染め上がりは変わりませんが、ライトブラウンだと黒髪はいい感じの色になりますが、白髪は薄い赤茶に染まるので、髪色のバランスによって合わないかもって思います。

白髪にはダークブラウンのほうが使いやすいと思いました。

地毛がどんな色味なのかによって合う色が変わります。

もしかしたら、ライトブラウンは赤みが出てしまうので、ナチュラルブラウンのほうが地毛に合うかもしれないですね。

2色のカラーを使ったら白髪が目立たなくなった

クチコ

初めてのときにダークブラウン使用。

一度目は、白髪はほとんど染らず、髪全体が黒くなったので、二度目はライトブラウンを使用。

回を重ねるとしっかり色が入っていき、白髪が目立たなくなりました。

ダークブラウンのあとにライトブラウンを使うという発想は珍しいですね。どちらも赤みが強めのカラーなので、馴染みやすいはずです。この方おそらくダークブラウンでもライトブラウンでもどちらも何回か使えば満足できそうですね。

\2本以上で送料無料/