ウィービングでおしゃれな白髪染め活用!

利尻ヘアカラートリートメントの色選びに!全色の写真付き口コミレビュー

利尻トリートメントの色選び

利尻ヘアカラートリートメントは、元祖白髪用のカラートリートメントです。ずっとみんなに使われ続けているだけあって、やっぱり安心して使いやすいんですよね。

だけど、なかには、まだ「利尻は染まりにくい」なんて言っている口コミもときどき見かけます。たしかに美容院で白髪染めしてもらうカラーリングなどの永久染めと比べると色はつきにくいです。

しかし、結論から先に言うと白髪染めトリートメントとしては、やっぱり染まりやすくて一番リピートしやすい商品です。

特に、微妙な色選びを間違えてしまうと何度染めても違和感をもちやすいんですよね。

この記事では、利尻ヘアカラートリートメントの色選びで自分の髪にどう合わせて選ぶべきかを中心に紹介して、それぞれの色の染まり具合や色落ちについて解説します!

    この記事を読むとこんなことがわかります。

  • おすすめの色選び方法
  • 利尻で白髪染めした私の口コミレビュー染めた翌日~10日目
  • 色が入りやすくなる使い方・染め方のコツ
  • 利尻ヘアカラートリートメントで染めるメリット
  • 利尻ヘアカラートリートメントの注意点

参考にしてもらえるとすごく嬉しいです(*’ω’*)

利尻ヘアカラートリートメントの口コミレビュー

  好きなとこだけ読んでね

利尻ヘアカラートリートメント全4色の特徴

利尻カラートリートメントの色選び

利尻ヘアカラートリートメントの色選びは4色から選びます。公式HPではモデルさんが一番人気のダークブラウンを使用して紹介しています。

利尻ヘアカラートリートメンの色

  • 定番カラー、ほんのり赤みのあるブラウン
    ダークブラウン
  • こげ茶~茶髪系にピッタリ・意外と多くの人に合う!
    ナチュラルブラウン
  • 赤みの強い茶色
    ライトブラウン
  • 自然な黒色
    ブラック

色選びで迷っている人は、自分の現在の髪色に一番近いカラーを選ぶといいですよ。

ただし、白髪の量によって見え方が変わるので実際には、2色くらい試してみてから最終的に自分の髪に合った色を決めるのがいいですよ。

ナチュラルブラウンも人気色

利尻ヘアカラートリートメントの使い方の色

上の写真は少し前まで利尻ヘアカラートリートメントの販売元sastyで紹介されていたモデルさんを使った色別画像です。

この女性はナチュラルブラウンを使用していて、ナチュラルブラウンもダークブラウンと並んで人気色です。

日本人の髪色は黄色味を帯びている人が多いので、ナチュラルブラウンが合う髪色の人はとっても多いです。

特にアッシュカラーにしたい人におすすめ☆

次は利尻ヘアカラートリートメントの全色で染めた後の髪色の違いを紹介します。

利尻ヘアカラートリートメント全色染め上がりから色持ち一覧

利尻ヘアカラートリートメントの4色で染める前の白髪から染めた翌日・数日後の色落ちまでを一気に公開します。

全部管理人の同じ髪質で試してみた結果です。

    利尻ヘアカラートリートメントの色の違い

  • ダークブラウン:バランスがとれたこげ茶色(赤含む)
    染め持ち:7日までは色持ちした
  • 利尻のダークブラウンの口コミ・色味

  • ナチュラルブラウン:黄色味を含んだ茶色で日本人の髪に合う
    染め持ち:髪色にあえば7日以上持つ
  • 利尻ナチュラルブラウン口コミ・色味

  • ブラック:青みを含んだ自然な黒色
    染め持ち:色落ちが他の色に比べて早い
  • 利尻ブラックの口コミ・色味

  • ライトブラウン:赤みを含んだ茶色(赤茶)
    染め持ち:長持ち!ピンクっぽい色になって色落ちする
  • 利尻ライトブラウンの口コミ・色味

やはりしっかり白髪に色が入り色が長持ちしたのはダークブラウンとナチュラルブラウンでした。ブラックは4日後にはほとんど色が落ちてしまい白髪がかなり目立ってしまいました。

一番わたしの髪色に合うのはナチュラルブラウンでした。白髪がアッシュブラウンに染まり、4日以降も黄土色の色がしばらく残っているので、まるまる1週間染めずにイケちゃうので楽ちんです。

ダークブラウンとライトブラウンは4日以降も色落ちしにくいけど、赤っぽい色で残るので白髪がピンク色っぽくなって色が落ちていくので髪全体が赤紫っぽく感じました。ピンクが好みの人には良いでしょう。

ナチュラルブラウンはメッシュっぽい白髪染めにおすすめ

わたしは、最近美容室で白髪染めしてもらうときは、「ウィービングで白髪染め」をしてもらっています。白髪が増えてる人なら、これ、便利ですよ!

ウィービングの白髪染め(メッシュに染めた)

いろんな茶色で染めるので白髪が新たに生えても目立ちにくいんです♪

白髪が多い人におすすめのウィービングとは?

利尻トリートメントの色選びで松潤

最近は芸能人でもウィービングとかメッシュ風に染めている人多いですね。嵐の松潤はいろんな髪色をチャレンジしていますが、現在はメッシュっぽく染めていて、少し前はグラデーションカラーともいう染め方でした。

髪色がおしゃれで素敵です。

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンを使えば、こんな松潤みたいな髪色に近づけることもできます。

ウィービングは髪を染めるときの美容院でのテクニックのことで、詳しくこちらの記事でまとめています。

>>白髪染めメッシュで染められるウィービングのテクニック

ナチュラルブラウンの色で染めた写真付き口コミレビュー

この写真は美容院で白髪染めを半年以上していないときの白髪です。

利尻で白髪染めする前の口コミ
この夜に染めたあとがこちら

利尻ヘアカラートリートメントで染めた写真

上の写真は、利尻ヘアカラートリートメントで染めた翌日の写真です。

染めたところの髪がほんのり茶色に染まっています。ナチュラルブラウンは、4色のなかでもほんのり黄色い味がかったブラウンで日本人の髪色によくあうブラウンです。

管理人

染めたところを大きな写真でまとめたので見たい人はクリックするとみられます。

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンで染めた髪色
【画像をクリックすると大きい写真で見られます】

白髪のところはアッシュ系ブラウンに色が染まるので、ちょうどおしゃれな感じに仕上がります。

ナチュラルブラウンで染めた色が染めた翌日から1週間後、10日後と色落ちについても写真で公開します。

ナチュラルブラウンでで染めた翌日

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンで染めた翌日はこちら

利尻で染めた後

そしてその後何日後に色がなくなり白髪に戻ったか?・・・ほぼ毎日シャンプーしているので、毎日シャンプーのたびに色落ちしてます。

ナチュラルブラウンの色落ち:染めてから3日後

利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウン3日後

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウンで染めた翌日より3日後の状態です。

利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウン3日後

横から見てもあまり白髪が目立たないので、まだ染めずに継続して染め持ちを試すとともに色落ちした色も楽しみます。

ナチュラルブラウンの色落ち:染めてから5日後

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウン

5日目になるとだいぶ黄色っぽくなってきますが、もう少し頑張って7日はしっかり色持ちさせます。

それにしても毎日シャンプーしてもこのくらい色持ちするなら十分コスパが良いと思います。

ナチュラルブラウンの色落ち:染めてから7日後

染めてから7日経過したところの状態ですが、利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウンの色が微妙に残っていますね。

利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウンで7日後

ただ・・・こうやって前髪をかき上げるとこんな感じです。

利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウンで染めて7日

ちょっともうベージュになってるので、そろそろ白髪染めしたほうがいいですよね。でも、この色味でも美容院のお兄さんは「いい色ですね」って言ってくれるのでつい調子に乗ってしまっています。

でも明日がお休みの日とかは、そのまま放置します。染めてから7日目くらいは、横から見てもまだいけるんじゃないか?と思ってしまうんですが、とても迷いどころです。

ナチュラルブラウンの色落ち:染めてから10日後

ナチュラルブラウンで染めて10日

さすがに10日も経過すると情けないくらい白髪に戻ってしまいます。前髪から頭頂部にかけての白髪のほかにも後ろや横の白髪もわかるくらい色落ちしています。

10日後にまた染めた直後!

10日経過すると限界の白髪だらけなので、この夜に再び利尻ヘアカラートリートメントナチュラルブラウンで染めました。

利尻ヘアカラートリートメントで染めた後

染めてからシャンプー後まだ髪が乾ききっていない状態でも利尻のナチュラルブラウンの色が白髪に入った部分がわかりますね。

再び染めて復活した翌日!

再度ナチュラルブラウンで染めた翌日が以下です。

再び利尻のナチュラルブラウンで染めた

復活しました!

これで、また綺麗な茶髪+艶髪で1週間以上の染め持ちできます。

ダークブラウンの色で染めた写真付き口コミレビュー

利尻ヘアカラートリートメントの一番人気のダークブラウンの仕上がりも気になると思うので、合わせて紹介します。

ダークブラウンの色味

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウンの染料を撮影!ダークブラウンの色味がわかりますか?

利尻ヘアカラートリートメントのダークブラウン

利尻ヘアカラートリートメントの4色で一番人気がダークブラウンで、だいたいの人の髪色に合わせやすい色です。

ダークブラウンで染める前から染め置きまで

利尻ダークブラウンのビフォーアフター

ダークブラウンは少し赤みの入ったブラウンなので白髪染めするとピンクブラウンっぽいこげ茶色に染まります。

ダークブラウンの色落ち

利尻ダークブラウンで染めて3日後

色がほんのりピンクブラウンのような色落ちをしていきます。やさしい色合いなので、誰にでも似合う色なので、使いやすいです。

ダークブラウンとナチュラルブラウンの色の違い

ダークブラウンとナチュラルブラウンの色味を並べて比較しています。

利尻ヘアカラートリートメントのナチュラルブラウン

染料の色はあまり変わりませんが実際に染めてみると仕上がりの色がかなり変わります。実際にナチュラルブラウンで染めたほうが黄色味を含んだアッシュブラウンに染まります。

自分の髪色が黄色っぽい感じならナチュラルブラウンを選ぶとよいですよ。

カラートリートメントの使い方や染め方のコツ

利尻ヘアカラートリートメントの使い方でおすすめなのが、乾いた髪に塗って染める方法です。

利尻ヘアカラートリートメントの公式HPでは、乾いた髪でもぬれた髪でもどちらでも使えますと紹介されていまが、初めて使う人はシャンプー前の乾いた髪に使うのがおすすめ。

塗れた髪に使う使い方

ネットで口コミ検索すると、シャンプー後の濡れた髪に利尻ヘアカラートリートメントを塗っている人で「利尻が染まらない」と言っているのが多いです。

シャンプーした直後に染料を塗ると水分がまだ残っているので染料が薄まってしまうのが原因です。

利尻のテクスチャーがかなり滑らかなので乾いた髪で十分に馴染むので、時間がある人は乾いた髪に塗って染めるほう色の定着がよいです。

乾いた髪に使う使い方

利尻ヘアカラートリートメントの使い方

利尻ヘアカラートリートメントは、「シャンプー後の濡れた髪の毛に使用してください」と利尻ヘアカラートリートメント本体の裏面に書いてありますが、それではイマイチな染まり方になりやすいので、はじめから乾いた髪に塗る使い方がおすすめです。

    シャンプー前に染める使い方

  1. 入浴する前に乾いた髪にたっぷり塗る
  2. 染め置き時間(20-30分が目安・温かい室温で)
  3. 色水が出なくなるまでしっかりすすぎ、シャンプーをする
  4. ドライヤーでしっかり乾かす

利尻ヘアカラートリートメントは素手でも塗れますが、爪に入ったり、汚れが気になる人は専用コームや使い捨ての手袋を使うと安心です。

1回に使う分量

利尻ヘアカラートリートメントの1回に使う分量は、ミディアムヘアでだいたい60グラム程度ですが、あくまでも目安が以下です。

利尻ヘアカラートリートメントの使い方・分量

私はミディアムくらいの髪の長さですが、手のひらいっぱいくらいの染料を毎回使っています。髪の量が違うので、調整して使うこと。ケチると染まり具合もよくありません。

また、利尻ヘアカラートリートメントは1本200gでミディアムヘアなら3,4回分が目安です。リタッチなら1カ月半くらいで使い切ります。

利尻ヘアカラーリートメントの使う頻度

利尻ヘアカラーリートメントを使う頻度は、使い慣れたらだいたい7日おきのサイクルで染めるというのがいいでしょう。初めて使う場合、色が定着するまでは多少の時間が必要で、しばらく連続で使うか、1日おきとか2日おきに使って髪になじませてください。

利尻ヘアカラートリートメント 分量

健康な髪ほど、ヘアカラートリートメントの色が入りにくいので、生え際の生まれたばかりの部分の髪のところは、染まりにくいかもしれないので、ハケを使ったり、染料を塗ってから温めてみたり、という工夫をしてもいいでしょう。

色が定着すればその後は、1週間に1回の使用で染めた色をキープできます。

色を混ぜられるか?

ほかのヘアカラートリートメントでは別の色を混ぜて好きな色を作れるというのがありますが、利尻ヘアカラートリートメントでは混ぜて使うのは推奨していません。

基本的には4色のなかから選んでどれかで染めるようにしましょう。

もし染まりにくいときは連続して使う

利尻ヘアカラートリートメントは、永久染毛剤でないので、初めて使うときは髪がなじんでいないので、染まりにくいかもしれません。

利尻で白髪染めしている口コミ

週に2-3回使って何度か染めていると自然に白髪に色が入りやすくなります。

一度色が入るようになると、その後は、1週間に1回白髪染めするくらいの頻度でOKになりますよ。

生え際の部分染め(リタッチ)方法

部分染めの白髪染め

美容院と掛け持ちで利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めする場合の注意点も紹介します。

生え際だけのリタッチとしても使えるのですが、生え際は頭全体にあるので、結局全体染めと変わらないような染め方になります。

頭部全体の生え際を狙ってたっぷりと塗るようにしてください。

たまに、後頭部に白髪が生えていないと思い込んで、後頭部の白髪染めをしていない人がいます。

後ろから見たら白髪たくさんなのに前からは白髪がまったくないという違和感の印象になるので注意してくださいね!

また、美容院で白髪染めするときは、必ず、前回利尻ヘアカラートリートメントで染めてから1週間は空けてからの日程で予約しましょう。

染料が薬品と混ざると化学反応を起こして変色することもありますので注意してください。

根元の白髪染めセルフセルフでリタッチしたい!根元の白髪染めが簡単にできるカラートリートメント術

利尻ヘアカラートリートメントの成分

無添加成分の利尻ヘアカラートリートメント

無添加・無香料・利尻昆布の成分が配合されているのが特徴で、髪の毛の表面に染料を吸着させて白髪を目立たなくさせる白髪染めです。キューティクルを開かずに染められるので、頭皮や髪の毛にダメージを与えることなく白髪ケアができます。

また、ジアミンアレルギーになったことがあり白髪染めできない、というような頭皮が敏感な人でも使っても安心です(敏感肌の人は念のために、事前にパッチテストをしておくと安心です。)

成分の効果や働き

利尻ヘアカラートリートメントは、染めた後も髪がツヤツヤするので、毎回染めた翌日は、サラサラヘアーになりますよ。

    利尻ヘアカラーの成分の特徴

  • タール系色素・パラベン・香料・鉱物油一切使用なし
  • 利尻昆布エキス配合で、潤いとトリートメント効果が抜群
  • 色素は植物由来の天然色素(クチナシ・アナトー・紫根)が中心
  • ノンシリコン処方
  • 28種類の天然由来成分は育毛効果が期待できる

利尻昆布エキスには豊富なミネラルと潤い成分であるフコイダンが含まれ、健康な髪の毛を育てるサポートをしてくれます。

エイジングヘアケア効果

利尻のエイジングケア

利尻昆布の独特のねばりが保湿を与えて、いつまでも髪に潤いを閉じ込める効果があるので、白髪染めをするたびにツヤがよみがえります。

利尻ヘアカラートリートメントの最安値は?

利尻ヘアカラートリートメント 初回がお得で送料無料

利尻ヘアカラートリートメントはネットでも市販のお店でも売っていますが、公式HPで買うのが一番お得。

  • 公式サイト
  • Amazonや楽天などの通販サイト
  • ドラッグストアなど

特に、値段が一番安いのが公式HPからの定期便か2本以上のまとめ買いです。

初回特別1000円引きで買える!

公式サイトでは、初回購入は、1本1000円引きなので2000円!

しかし、1本だけの購入は送料がかかるので、2本以上のまとめ買いで送料無料!

利尻ヘアカラートリートメント 初回がお得で送料無料

ほかに、定期便の申し込みで最大20%オフ回数しばりもなし

2本で送料無料
まとめ買いで2本セットで格安に購入しても、未開封の商品であれば、商品到着から10日以内なら返品や交換ができます。

実際に利尻ヘアカラートリートメントを使った人の口コミ集

利尻ヘアカラートリートメントの口コミには、「染まらない」というのもネットではちらほら見ます。

初回から白髪がちゃんと染まっている人もいるので、そうでない人との違いは何なのか、みんなの口コミをチェックして判断してみましょう。

良い口コミ:適度に染まった

口コミ

週に一度は利用しています。
使用後は、やさしい使い心地で、適度に染まるので助かっています。

良い口コミ:染まり具合は満足!

口コミ

染まり具合は、いろんな製品を使ったけど、この利尻ヘアカラートリートメントが1番ですね。

今回、嬉しかったのは、プレゼントでもらったカラー用ブラシで、お風呂の中に手袋持ち込みたくなくて、ブラシのおかげで解決!

悪い口コミ:濡れた髪ではほとんど染まりません

口コミ2

ダークブラウン使いましたが、結構暗い色味です。
匂いは全くせず、肌にも刺激はありません。こちらを使用した後は髪がつやつやして手触りも良いです。

やり方としては、シャンプー後の濡れた髪に塗る方法ではほとんど染まりません。乾いた髪にしっかり塗って30分以上置いてからシャンプーすると1回で色が入りました。

私の白髪は中の方にまばらにあるので一度しっかりこちらで染めると2週間は気にならなくなります。

良い口コミ:連続使用で白髪が染まった

口コミ

初めての使用時は全く染まって見えませんでしたが、連続使用3日目でかなり色がついて、周りの毛と同化できるくらいの雰囲気になります。

私の使用方法は、まず顔を洗う、次にシャンプーして、このトリートメントを白髪が気になる箇所にだけベットリ、ボットリと塗りたくり、そのままで体を洗ってバスタブに10分程浸かります。
その後トリートメントをすすいで終了。地肌への刺激は全く感じません。

「染まらない」口コミと「染まった」口コミの違いまとめ

利尻ヘアカラートリートメントで染まらない、という口コミで共通しているのはやはりお風呂の中でシャンプー後に染料をつけて染めている人が圧倒的に多いというのがわかりました。

もちろん、濡れた髪に使っても毎日連続使用で、数回使ったあとにやっと色が入ったという人はたくさんいました。

シャンプー後の濡れた髪に使う場合は、連続使用が必要であるのがわかりました。

いっぽう、1回の使用で色がすぐに入った、良く染まったという口コミの特徴は、乾いた髪に塗ってから染め置き時間を20-30分くらいおいてからシャンプーしたというのが共通していました。利尻ヘアカラートリートメントの染料はとっても柔らかくてトローンとしているので、乾いた髪だとよく馴染むけど、濡れた髪だと、水分で流れやすくなってしまうのかと思います。

初めて利尻ヘアカラートリートメントを使う人は、使い方に注意して自分に合った使い方で染めてくださいね。

利尻ヘアカラートリートメントの口コミレビュー

まとめ

利尻カラーシャンプー

ヘアカラートリートメントの色が定着するか、色持ちが長いか?については自分の髪色にいかに合っているか?につきます。髪色に合った色味だと1回の使用で白髪が染まったように思えるし色落ちもかなり長くもちます。

わせて好きな色を選ぶといいですよ。

また、普段から忙しい人は、同じ利尻シリーズで販売されている、利尻カラーシャンプーも合わせて使うと便利ですよ。

利尻ヘアカラートリートメントと同じ色展開だし、シャンプーしながら髪を染められるので、忙しい時は、サクッとシャンプーで染められます。

利尻ヘアカラートリートメントは休み前・週末に使うようにして、白髪が目立ってしまったときに活用できるので、1本持っておくと助かります。

クチコミ

利尻カラーシャンプーを使ったら、生え際のところは薄い色だけど、前髪にまとまって出てる白髪が目立たなくなったので、満足できる!

利尻カラーシャンプーの口コミ

利尻カラーシャンプーを使ってお風呂で染めると1.2日は色持ちの延長ができるので、10日くらい経過してから利尻ヘアカラートリートメントで染めるというやり方をしています。

利尻ヘアカラートリートメントと利尻カラーシャンプーを抱き合わせて買っても送料無料になるのでお得

>>ヘアカラートリートメントランキングはこちら